警部補 捜査資料3千点を家に隠す

ざっくり言うと

  • 大阪府警の男性警部補が捜査資料を自宅に隠し持っていたことがわかった
  • 期間は十数年間にわたり、現場写真や資料の数は3000点以上にのぼる
  • 警部補が処理を怠って放置していたといい、府警は警部補を処分する方針

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング