韓国による竹島の不法占拠が続いているが、韓国人にかかれば、領土ばかりか「相撲」から「歌舞伎」「寿司」「秋田犬」まで、何もかも韓国のものとされてしまう。ネット上では、彼らが自分たちのことを「ウリ(我々)」と呼ぶことから、日本文化を「韓国発祥」としてしまう主張は“ウリジナル”活動と揶揄されているが、それもエスカレートする一方だ。彼らのウリジナル活動を報告する。

 日本統治時代に空手を学んだ崔泓熙によって創出されたテコンドーは、現在、世界テコンドー連盟が歴史から崔の名前を抹消することで「空手はテコンドーが起源」と主張している。

 同様に、いま本家の座を狙われているのが「剣道」だ。韓国では剣道はコムド(剣道の韓国語読み)と呼ばれ、多数のコムド団体が存在するが、多くは「剣道は韓国が発祥」と標榜している。

『捏造、剽窃、なりすましで嗤われる韓国』(オークラ出版刊)の著者の一人、あきはばらなおき氏は語る。

「歴史的に見て、朝鮮半島では中国やモンゴルから伝わった両刃の剣が主流であり、片刃の所作を基礎にした剣道は日本統治時代に伝わったもの。しかし、最近では高句麗起源を主張する海東剣道という組織が海外で勢力を伸ばし、剣道は韓国起源という嘘をばら撒いています」

 毎年フランス・パリで開催される「ジャパンエキスポ」では、昨年、海東剣道が出展を企画したため、日本の外務省が抗議して中止させた。

 しかし、笑ってばかりはいられない。放置していると島でさえ奪う国である。

 海東剣道は世界剣道連盟なるものを設立し、コムドの五輪競技化を狙っている。そのうち、「剣道はコムドから生まれ、“侍”“忍者”“刀”も韓国発祥だ」とする妄言が世界に広まる可能性すらある。

“ウリジナル”の触手は、年中行事や祭りにまで及ぶ。中国起源の「端午の節句」は、韓国が2005年に「江陵端午祭(端午の節句)」としてユネスコの「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に申請し、認定を受けた。本家・中国は激怒したが、韓国は我関せず。今年3月には「燃灯会」という行事をユネスコに申請した。

 燃灯会とは山車型の大型灯籠を引く祭りで、新羅時代から続く仏教法会とされているが、大型灯籠を使い始めたのはほんの15年ほど前である。

 詳しい申請内容は明らかになっていないが、韓国の燃灯会が「人類の無形文化遺産」としてユネスコに認定されれば、これまでの彼らのパターンから考えると、大型灯籠をめぐって“本家争い”が生じる恐れがある。それが長じて“青森ねぶたの発祥は韓国”という主張が出てきかねないのだ。

 一連の“ウリジナル”主張は、五輪競技採用やユネスコ登録など国際的権威を利用して“本家”を脅かすという手の込んだ手法に変わりつつある。注意すべきは、こうした「捏造」が領土や歴史問題と同じ動機から発している点だ。

 韓国では、12月に大統領選挙が控えている。国内の批判をかわし、支持率を上げるために歴史問題を蒸し返して日本叩きをするのは、韓国の政権末期に見られる恒例行事ではある。それに乗せられる韓国国民も相変わらずだ。彼の国が真の先進国になるためには、国際社会で認められる良識と“作法”が必要だ。その“不作法”を正してやることも隣国の務めではないか。

※SAPIO2012年8月22・29日号