勇者ライディーン」のプリンス・シャーキンをはじめ、「超電磁ロボ コン・バトラーV」のガルーダ、「超電磁マシーン ボルテスⅤ」のプリンス・ハイネルなど敵方にいる美形キャラクターの声を演じたことで有名な声優の市川治さんが1月2日に心不全で亡くなっていたことが明らかになりました。72歳でした。

詳細は以下から。
市川治氏=声優 : おくやみ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

市川さんは1965年に放送されたアニメ「スーパージェッター」では主人公のジェッターを演じました。1975年から放送された「勇者ライディーン」では妖魔帝国の王子シャーキンを熱演。シャーキンは普段は仮面を被っているが外すと実は美形という、美形悪役の元祖とも言えるキャラクターで、「機動戦士ガンダム」に登場する仮面の美形悪役シャア・アズナブルのもとになったとも言われています。また、「超電磁ロボ コン・バトラーV」では地球侵攻軍の将軍としてコン・バトラーVと戦うガルーダを、「超電磁マシーン ボルテスⅤ」では貴族の誇りをかけてボルテスと戦うプリンス・ハイネルを、「闘将ダイモス」では地球人と恋仲になった妹を許せずに苦しむ地球攻撃軍のリヒテル提督を、それぞれ演じました。

2006年に「超電磁マシーン ボルテスV」のDVDが発売になった際には、すでに70歳でありながらCMでハイネル役を演じ、以前を変わらぬ美声を披露していました。

・関連記事
元タレントの飯島愛さんが死去、都内マンションで - GIGAZINE

マンガ「天才バカボン」「おそ松くん」の作者・赤塚不二夫さんが死去 - GIGAZINE

「シベリア超特急」で有名な映画評論家、水野晴郎氏が死去 - GIGAZINE


記事全文へ