まだ禊は済んでいない?(時事通信フォト)

写真拡大

 アメリカンフットボール、ボクシング、女子体操、レスリング……2018年はアマチュアスポーツ界で不祥事が多発したが、8月のアジア大会中に買春行為に走ったことがバレたのは、バスケットボール男子代表選手たち。永吉佑也(27)、橋本拓哉(24)、佐藤卓磨(23)、今村佳太(22)の4選手が、ジャカルタ(インドネシア)の歓楽街で交渉して女性とホテルに行き、買春行為に及んだのだ。

 4人揃って1年の出場資格停止処分となったが、4か月後に“再炎上”したのが新潟アルビレックス所属の今村である。12月8日、新潟の試合会場を訪れたBリーグの大河正明チェアマン(60)が、今村の反省の態度を評価した上で、地元ファンを前に、

「どんどん僕の方に声を届けてください!」

 と呼び掛け、真に受けたチームが早期復帰を嘆願する署名活動開始をHPで告知したところ、「時期尚早」と活動への批判が殺到。即中止に追い込まれた。

 当の今村は、長岡市内のスポーツ施設などで清掃ボランティア中。現地を訪ねると、朝7時前からガラスなどを拭く長身の今村の姿があった。本人は「お話はできません」とするのみだったが、施設の職員は「すごく真面目に掃除していますよ」というから、チェアマンの呼び掛けはいい迷惑だっただろう。

※週刊ポスト2019年1月1・4日号