強い台風19号 ほとんど停滞19日(日)には非常に強い勢力へ

2018/08/18 16:00 ウェザーニュース

18日(土)15時現在、強い台風19号(ソーリック)は小笠原近海でほとんど停滞しています。中心付近の半径110km以内が、風速25m/s以上の暴風域となっています。

▼台風19号 18日(土) 15時現在 存在地域   父島の南西約340km 大きさ階級  // 強さ階級   強い 移動     ほとんど停滞 中心気圧   965 hPa 最大風速   40 m/s (中心付近) 最大瞬間風速 55 m/s

来週中頃に九州へ接近

台風は太平洋高気圧に阻まれる形で速度を落とし、19日(日)にかけてやや西よりに進路を変える見込みです。その後、21日(火)から22日(水)にかけて九州に近づき、上陸するおそれもあります。とりうる進路にはまだ幅がありますので、今後の情報にご注意ください。

非常に強い勢力に発達の見込み

台風19号が進むと予想されている海域は、海面水温が28℃以上と高く、台風は今後も発達を続けて、19日(日)にも非常に強い勢力となる予想です。沿岸近くまで海水温は高いため、勢力を保ったまま陸地へ接近するおそれがあります。広範囲が台風の暴風域に入り、大荒れとなるおそれがありますので、早めの対策が必要です。また、台風の東側を吹く湿った風の影響で、西日本の太平洋側は接近前から雨が降りやすく、台風から離れていても大雨になる所がありそうです。

台風の名前「ソーリック」

ソーリック(Soulik)は、ミクロネシアが提案した名称で、伝統的な部族長の称号からきています。台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。