「座りすぎ」は脳に悪影響 運動で相殺もできない可能性 米研究

ざっくり言うと

  • 着座の時間が長いと、脳に悪影響を及ぼすと米の研究チームが発表した
  • 座りすぎの人は、記憶と関わる脳の領域の皮質が薄くなっていたという
  • その影響は、強度の高い運動でも相殺することができない可能性があるそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング