ケイドロ、それともドロケイ? 子どものころに遊んだあの鬼ごっこ、地域によって呼び方がちがうみたい!

写真拡大


逃げる「泥棒」と捕まえる「警察」の2グループにわかれて遊ぶ集団鬼ごっこ。これ、子どものころによくやった遊びのひとつですよね!

この鬼ごっこのこと、みんなは「ケイドロ」って呼んでた? それとも「ドロケイ」だった?

アンケートサイト「みんなの声」でおこなわれた調査によると、全国的には「〇〇」って呼ぶほうが圧倒的に多いこと、だけど地域によってかなり差もあることが判明しました。さて、みなさんの地域ではどうでしょうか?

【「ケイドロ」が圧倒的!】

アンケートの総投票数は29814票。総合で見ると、47%におよぶ人たちが「ケイドロ」と呼んでいたという結果に。約半数近くですから、圧倒的ですね。続く2位は「ドロケイ」で29%、大きく離れて3位は「助け鬼」(4%)、4位は「ドロジュン」(3%)と続きます。

【東京は「ドロケイ」呼びが1位】

この総合データからも推測できますが、地域別に見ても多くの都道府県で「ケイドロ」呼びが1位に。

ただし、東京、神奈川、埼玉という首都圏では「ドロケイ」呼びが1位、そのほか愛知、沖縄も「ドロケイ」呼びが1位。一方、青森、秋田、新潟という東北や北陸地方の一部では「助け鬼」が1位となっています。

【皆さんのエリアはどう?】

こうして見てみると、地方によって呼び方が異なるのが面白いですね!

私の地元・三重県は、このデータをみると「ケイドロ」が1位となっています。うん、たしかに「ケイドロ」って呼んでたけれど、たまに「ドロケイ」と言っていた記憶も……。それは「ドロケイ」呼びが1位の愛知がエリア的に近かったからなのかもしれません。

みなさんの出身地域や今住んでいる地域はどうですか? 大人数での飲み会など、いろんな人が集まる場ではこの話題で盛り上がれそうですね!

(お詫びと訂正 2017年4月30日)当初掲出していた図の凡例が間違っておりました。読者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

参照元:みんなの声「ケイドロ?ドロケイ?」
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

画像をもっと見る