本体を抱えるエンジニアリングマネージャーのM・ピーク氏

写真拡大 (全2枚)

 日本製の家電製品が世界で評価を高める一方、日本では海外家電が人気を博している。その筆頭格が英国のダイソンだが、ダイソンの躍進の秘密はどこにあるのか? 作家の山下柚実氏がレポートする。

 * * *
『消費者白書』(消費者庁。平成27年版)の第一章にこんなくだりがある。

「家庭用電気機器の輸入額は、1990年の661億円から2014年の6418億円へ約10倍に増加しました」

 日本製品とは一味違う、海外家電に人気が集まる今。「10倍」という数字がその熱気を物語っている。快進撃を見せる海外メーカー、その筆頭といえば英国のダイソン。自ら「記録的な成長」と語るように2015年の売上高は前年度比26%増の17億4000万ポンド(約3060億円)、利益は19%増の4億4800万ポンド(約806億4000万円)と伸び続けている。

 サイクロン掃除機と羽根の無い扇風機で有名なダイソンだが、アジア圏では特に空調家電が成長分野と見込まれ、大気汚染に悩む中国ではビジネス規模が3倍超に拡大中だ。

 振り返れば7年ほど前、日本へ「羽根の無い扇風機」が上陸した時のインパクトは強烈だった。見たこともない奇抜な家電の姿に、人々は目を見張った。当連載もさっそく取材に向かった。そして今、「羽根の無い扇風機」はもはや「扇風機」と呼ぶことのできない「個性的な家電」に姿を変えていた。

◆日本の居住空間を意識した

 2016年9月末に発売された新製品「Dyson Pure Hot+Cool Link空気清浄機能付ファンヒーター」は、大きな楕円形の輪がスタンドの台に乗った、おなじみのデザイン。「日本の居住空間を考えて作り上げた新製品です」と同社エンジニアリングマネージャーのマーティン・ピーク氏(41)は胸を張る。台座は約A4サイズのコンパクトなボディ。この機器の中にいったいどんな機能が詰まっているのか。

「まず、弊社の特許技術エアマルチプライアーテクノロジーを活用した扇風機の機能です。台の部分から風を取り込んで、楕円形のループの端にある1.8mm程の狭い開口部から噴出します。この時、まわりの空気を巻き込んで強い気流を作り出すのです。航空力学を活用してジェット機の翼の形をヒントに設計しています」

「風によって、より強い風をつくる」というユニークな発想から、「羽根の無い」扇風機は誕生したのだった。

「さらに楕円形のループの中にはセラミックのヒーターが入っていて、内部で空気を暖めて外へ送り出すファンヒーター機能が備わっています」

 スイッチひとつで扇風機にも暖房機にもなるという。いやそれだけではない。

「加えて、約6mのHEPAフィルターを333回、プリーツ状に折り畳み、360度筒状にしたものが土台の部分にセットされています。空気を吸い込む時、PM2.5だけでなくタバコの煙のサイズであるPMO・1レベルの微細な粒子まで99.95%除去できる空気清浄機能を搭載しています」

 つまり、一台で扇風機とファンヒーターと空気清浄機、三役をこなす。まだある。新機能の「Link」だ。

「内蔵Wi-Fiを使ってスマホやタブレットから室内の空気状態を『見える化』し、遠隔操作できます。空気がどれくらいきれいになったか、変化はグラフで一目瞭然です」

 もちろん空気清浄だけでなく室温の調節も可能。一台三役に加えてIoT化(モノのインターネット/インターネットオブシングス)ダイソンが7年かけて進化させてきた家電の姿だった。

◆ダイソンと日本の親密な関係

「日本はダイソンにとって特別な国なんです」とピーク氏。一瞬リップサービスかと思ったが、「明快な理由があります」と続けた。

「創業時、ジェームズ・ダイソンは独自開発したサイクロンテクノロジーをビジネス化しようと世界中を回りました。しかしなかなか理解してもらえなかった。一番最初に技術を評価し、ビジネス化の手助けをしてくれたのは日本人でした。ダイソンという企業が創業できたのもそのおかげです。日本は世界で一番、技術をリスペクトし評価をしてくれる国だということを、私たちは忘れていません」

 ピーク氏は一例として「音」の問題を挙げた。

「ブレード(回転して風を起こす翼部分)に波のような曲線を新たに採用しました。これは鳥の羽をヒントにした風切り音を抑える仕掛け。生物模倣の低騒音化技術です。日本の消費者は音について非常に繊細で、発売当初から意見や要望をいただいています。その声に耳を傾け改善に改善を重ね、今も静音化技術を追求し続けているのです」

 あるいは、「ナイトモード」もそうだという。

「光が気になる、という日本ユーザーの声を反映してLEDを暗くし、風量も抑え、静音運転することで就寝時に快適に使える機能を加えました」

 日本からの要求は細かくて厳しく、常に最高のパフォーマンスが求められるという。

「ということはつまり、日本市場で成功すれば世界中で成功することができる。だから新製品の第一歩はいつも日本市場から始めるのです」

 そういえばダイソンは世界初の直営旗艦店も、東京・表参道にオープン。創業時から今まで、まさに日本人と歩みを共にして進化してきた外国家電メーカーだったのだ。

◆マーケティングはしない

 ところが、ピーク氏はこんな意外なことを口にした。

「決して消費者に聞かない質問があります」 

 日本ユーザーの声にこれだけ耳を傾けている、というのに。いったいその質問とは何なのか。

「ダイソンが次に何を作るべきか、という問いかけはしません。もし質問すれば『より軽いもの』『静かな製品』といった答は色々と得られるでしょう。現在の製品を改善していく要望は出る。しかし『航空力学を活かした家電』といった答は返ってこないはずです。それが、私たちがマーケティングをしない理由です」

 ピーク氏は言った。「まさかこんなものができるなんてという驚きと感動を提供したい。それが全て」と。同社には今エンジニアが2000名いる。従業員の約3割を占める高い比率だ。しかも平均年齢は28〜29歳。

「消費者にウケる商品を作るのではなくて、今までなかった製品をテクノロジーで実現していきたい。そのためには前例にとらわれない想像力、斬新な発想力がいるのです。エンジニアの大半が新卒採用なのも、経験にとらわれず、まっさらの頭で創造してもらいたいから」

 一年中出しっ放しでOK。インテリアに溶け込んでしまうユニークな姿。日本の狭い居住空間にフィットする多機能家電。「Dyson Pure Hot+Cool Link」は「季節家電」という言葉を消し去った。

「次に何を作るか」を市場に問わないダイソンは95%の失敗から学ぶという。そのエンジニア魂によって、扇風機を根底から問い直し、私たちがいまだ見たことの無い新たな家電を市場に送り出したのだった。

※SAPIO2017年1月号