プロが指南!目のカタチ別「ダブルアイライン」の引き方

写真拡大 (全6枚)

メイクも流行によって変化していくもので、ここ最近は目ヂカラというよりも“眉”に比重を置くアイメイクが流行していますよね。

でも、心のどこかで「やっぱり私は目ヂカラがあるアイメイクに憧れる……」なんて気持ちはありませんか?

“好きなメイク”をすることも、自分らしさを引き出す大事なポイント。

そこで今回は、プロのヘアメイクで年間1,000人以上の女性を美しく変身させている筆者が、目ヂカラ満載になれる“目のタイプ別ダブルアイラインの引き方”をご紹介しましょう。

■一重まぶた

ダブルアイライン_

まぶたの上にラインが入ってないからできない……なんてあきらめなくても大丈夫。骨格を上手に利用していきましょう。

正解は、アイホールと呼ばれるまぶたの骨のラインを使うこと。

まぶた全体に好きなカラーでグラデーションを作ったら、目尻側の目のキワからアイホールの窪みにかけて“くの字”を描くように陰影をつけましょう。

そうすることで、二重幅の厚い大きな目元のように演出することができます。

■二重まぶた

ダブルアイライン_

もともと入っている二重ラインを強調してしまうと、三重ラインに見えてしまうので注意が必要です。

正解は、二重ラインの内側をダークシャドウで塗ってしまうこと。そして、眉頭側からのアイホールの窪みラインをグレーベージュで陰影をつけて強調させましょう。

いつものぱっちり二重とはまた違う、彫り深いドラマチックな目元を作ることができます。 

■奥二重まぶた

ダブルアイライン_

ナチュラルにダブルラインを引くことができる“奥二重”。二重の内側をハイライトで明るく見せて幅を出したら、目尻側の目のキワから二重ラインをつなげるようにダークシャドウで陰影をつけましょう。

ポイントは、さらに二重ラインの上にもほんの少しグラデーションを広げること。そうすることで、より二重ラインが強調されてグッと目ヂカラを演出することができます。

いかがでしたか? 秋からは、ファッションも深みのあるカラーが流行ります。ぜひ“目ヂカラ”を意識したアイメイクを取り入れて、いつもの自分とは違う雰囲気を楽しんでくださいね。

【筆者略歴】

古賀真知子 ・・・ メイクアップイマジンbyオフィスノムラ主宰。撮影関係のヘアメイクをこなす傍ら、美容家として一般女性に美しくなるための様々なビューティプログラムレッスンを行っている。モットーは「女性は内・外側から美しく」。

【画像】

※ Olena Yakobchuk / shutterstock