国道というのは国が指定した主要な道。なので、それなりに整備された走りやすい道路を想像しますよね。しかし世の中には「酷道」と呼ばれる酷い国道も存在します。平家の落人が住んだといわれる九州の山深い秘境を抜ける国道265号、人里を遠く離れた四国の山岳地帯を繋ぎ通称「ヨサク」と呼ばれる国道439号、途中に2箇所の未開通の峠を残す国道152号、いきなり道路が階段になる国道339号など、挙げていくと個性的な酷道がキラ星