砂岡春奈ちゃん(左)と椎名友紀ちゃん。ふたりの馬ドルが牝馬クラシック第1弾、桜花賞を大予想!

写真拡大

 大本命馬がまさかのトライアル敗戦、そして有力馬が直前で回避と、大混戦模様の3歳牝馬クラシック戦線。でも予想は、馬券絶好調の美女ふたりにおまかせ!

     *     *     *

――それでは、予想をどうぞ!

【砂岡】私の本命は、穴狙いでサウンドオブハート。去年の阪神ジュベナイルフイリーズのときに主戦の松岡騎手がケガで乗れなかったんですが、ものすごく悔しがっていたと聞きました。また、新馬戦で最初にまたがったときから好感触を得ていて、「この馬はGIを獲れる」とおっしゃっていたそうなんです。潜在能力はかなり高いと思うんですよ。

――まあ、阪神JFで1番人気に推されるくらいですからね。

【砂岡】前走の紅梅Sでは直線で前がふさがっちゃったんですよ。でも、じっと我慢して、騎手のゴーサインにぱっと素直に反応。以前はテンションが上がりすぎちゃうところがあったんですが、前走を見るかぎり、精神的に大人になったなって。

――そんなサウンドオブハートを椎名さんは無印にしています。

【椎名】私はこの馬のローテーションに疑問があって手が出なかったです。前走で1400mの短い距離を経験させてから、ちょっと間隔があきすぎた印象。あと、気性面にもまだ不安があるかな。

 私の本命はジョワドヴィーヴルです。小柄で少しひ弱な印象を受けるのですが、母馬のビワハイジは父馬のいいところをちゃんと伝えるので、良くも悪くもディープインパクトみたいに外からブン回す競馬ができたら、たぶんこの馬が一番強いと思うんですよ。

――ちなみに、前走の敗因は?

【椎名】うーん、私が見た感じ、あまり状態がいいようには見えなかったんですよねぇ。

【砂岡】八分仕上げでしたよね。

【椎名】まあ、アパパネとかもそうだけど、牝馬の傾向として、前哨戦を勝たなくても、本番で結果を残すことは多いですから。

【砂岡】私も一応、印は押さえてるんですけど、八分仕上げとはいえ、あそこは勝ってほしかった。しかも、福永ジョッキーが最後の最後までムチを入れて追っていたのにもかかわらず、ゴール前は伸びなかったんですよね。なので、今回は印を下げました。

――では、対抗は?

【砂岡】フィリーズレビューを快勝したアイムユアーズです。たぶんこの馬が1番人気になると思うんだけど、データ的に桜花賞は1番人気馬が強いんですよ。

――確かに、ここ10年を見ても、1番人気馬は4勝、2着2回、3着2回とかなり好成績です。

【砂岡】馬券に絡んでないのは大荒れした2008年だけで、1番人気の信頼度はかなり高いことと、阪神コースでも大崩れしていないところがこの馬の魅力ですね。

【椎名】私は今回のメンバーで、去年から一番成長してると思ったのはこの馬です。でも、走り方がややスプリンター寄りなんですね。現状のベストは1400mじゃないかな。ただ、レースセンスは一級品なので、1600mもこなせると思います。この馬がクラシックを勝つとしたらここでしょう。

――では、椎名さんの対抗は?

【椎名】ヴィルシーナです。4戦3勝、3着1回と走りが安定していますよね。まだ牝馬には負けていないし、前走で166mを使ってきたことも好評価。精神面でも「気性がいい」と評判で、ここは面白いと思います。

――じゃあ、特注馬を教えて。【砂岡】私はイチオクノホシ。前走フィリーズレビューでは、最後すごい脚で伸びてるんですよ。今回、目イチに仕上げてくれば、3着以内にはくるんじゃないかなって。あと、桜花賞の2、3着馬って、よく堅実なタイプの馬がくるじゃないですか。派手さはなくても(笑)。この馬は5戦すべて掲示板に入ってるし、調教の状態がよければ面白いと思いますよ。