2月4日、Yahoo!ニュースに「車に衝突され、意識不明の息子 9年半介護続ける両親の割り切れぬ思い【親なき後を生きる】」という記事が掲載された。書いたのは、ジャーナリストの柳原三佳氏だ。

【写真】この記事の写真を見る(16枚)

 2011年9月11日の21時ごろ、当時18歳だった男性・Aさん(27)は大阪府泉南市の国道をバイクで走行中、22歳の青年が運転する乗用車と衝突し、遷延性(せんえんせい)意識障害(いわゆる植物状態)となった。記事はそのAさんの一家が9年半にわたる介護生活と事故加害者への複雑な心中を語ったものだ。


Aさんが交通事故にあった大阪府泉南市の現場 ©文藝春秋

 記事内で、加害者の青年の名前は明かされていない。しかし、Aさんの母親が同記事をある有名若手経営者の名前をハッシュタグをつけて拡散したことで、ネットは一気に炎上した。

 その人物とは、経営コンサルティングや投資事業を手掛けるEARTHホールディングス株式会社の代表取締役社長・辻敬太氏(31)。人材育成家として「じっくり聞いタロウ」(テレビ東京系)などに出演するほか、地元の関西では「辻敬太のハピジャパ」(KBS京都テレビ)でメインコメンテーターを務めている。「人生巻き込んだ者勝ち」(万来舎)などの著書もある、いま注目を集める若手経営者だ。

「辻氏の運営するオンラインサロン『辻敬太起業サロン』は、会員数は700名とそこまで多くありませんが、月の会費が3万円と高額なため、月単位の売り上げではキングコング西野氏の運営する『西野亮廣エンタメ研究所』に次いで国内2位となっています。これは、堀江貴文氏や落合陽一氏などの著名人を上回るということです」(テレビ局関係者)

「動画では保身としか思えない言葉ばかり」

 2月中旬からネットでは辻氏の名前が交通事故の加害者として一気に広まり、「事故を隠蔽している」「反省していない」などの批判が相次いだ。それを受けて辻氏は、2月27日に自らのYouTubeチャンネルで事故について言及した動画を公開している。

《(過去に過ちを犯してしまった)そんな人たちが、じゃあもう挑戦したらダメなんですかっていう話なんですよ僕は。(中略)挑戦できなくなるんですよ、はっきり言って、一回失敗したり、一回こけたり、一回何か過ちを犯してしまうと一生ね、立ち直れなくなるんすよ。でもそういう人たちもたくさんいる中で、僕はそれがなんかほんとに違うと思ってるんで》

《事故を起こしたのは事実です。(被害者の)お父さんお母さんに、今も謝罪の気持ちはもちろん、本人にも謝罪の気持ちは忘れていませんし、この10年間忘れたこともないです》(2021年2月27日 辻敬太氏YouTubeチャンネルより)

 しかし彼の動画を見て、Aさんの両親は複雑な表情を浮かべている。

「私たちにしてみれば、彼の動画で語られているのは保身としか思えない言葉ばかりです。裁判以降、彼から実際に謝罪を受けたことは一度もありません。腹が立つというよりは、呆れてしまいました」(Aさんの父)

 文春オンライン特集班は、Aさん一家と辻敬太氏双方の徹底取材を行った。すると交通事故の被害者家族と加害者が平行線を描いた10年間が浮かび上がってきた。

判決の日は「染めたツンツン髪」で法廷に登場

 Aさんの父が語る。

「辻氏は経営者として成功しているみたいですね。時々テレビに出ているのは知っていましたが、彼を見ると当時の怒りと悲しみを思い出してしまうので、極力見ないように避けていました。でも、ここまで有名だとは話題になるまで知りませんでした。事故が起きた日から片時も彼のことを忘れたことはありません」

 事故が起きた2011年の9月11日、Aさん一家の生活は一変した。

「最初は事故現場から近い救急センターに搬送されたのですが、脳へのダメージが大きかったのですぐに岡山の脳損傷被害者専門の病院に移されました。なんとか一命はとりとめましたが、息子が身動きひとつ取れなくなってしまったという辛い現実に耐えられず、何度息子と一緒に死のうと思ったかわかりません」(Aさんの母)

 一家が住む大阪から岡山は遠く、母だけがAさんの傍に残る形で岡山に一人暮らし、父とAさんの兄は大阪に残るバラバラの生活が始まった。交通事故の刑事裁判は、その慣れない介護生活が続く中で始まった。2012年10月9日に大阪地裁岸和田支部で、辻氏に対して禁固2年、執行猶予3年という判決が下された。その日の辻氏の様子を夫妻はよく覚えているという。

「法廷に立った彼は、染めた髪の毛を整髪料で固めてツンツンに整えていたんです。なんでこんなに余裕あるんだろうと驚きました。

「一生にわたって、被害者の方とご家族に誠心誠意対応します」

 法廷には、当時岡山で治療していた息子も来ていました。寝たきりの状態で、意識があるかはわからなかったのですが……。それなのに辻さんは、判決が出て退廷するとき、黙ってそのまま出て行こうとしたんです。だから私は『何か言うことないの』って呼び止めたんです。すると彼は私たち夫婦に向かって謝ったので『そうじゃないでしょ、この子に謝るんでしょ』と。そうして初めて息子に頭を下げたんです」(Aさんの母)

 夫妻の記憶では「彼が謝ったのは、この時と待合室で会った時の2回だけ」だという。

「事故直後に息子が手術室で生死を彷徨っているとき、私たちが待合室で無事を祈っているところへ辻さんと親御さんが後から入ってきました。最初、彼は何か言うでもなくぼーっと立っていた。親族の1人が耐えられず『お前、黙ってるだけか、何も言えないのか、謝るって知らないのか』と怒鳴ってしまい、すると親御さんが無理やり彼の頭を下げたんです」(Aさんの父)

 刑事裁判の供述調書には、辻氏が被告人として次のように述べたと書かれている。

《この裁判が終わった後も、一生にわたって、被害者の方とご家族に対して誠心誠意対応します》

裁判では「改めてお見舞いに行く」

 判決は、辻氏について「過失は比較的重大である上、その結果は極めて重大である」「被害者は、落ち度がないにもかかわらず、前記障害を負ったものであり、その無念さは察するに余りある」としながらも、「今後は、改めてお見舞いに行くなど、被害者及びご家族に対し、誠心誠意対応していく(中略)などと述べており、反省の態度を示している」という事情も考慮して、「直ちに被告人を実刑に処するのが相当であるとまではいえない」として執行猶予を認めている。

 しかしその後、辻氏がAさんのお見舞いに家を訪れることも、両親に連絡をすることも一度もなかったという。

 事故の損害賠償についての民事訴訟も行われたが、話し合いの末にAさん側の請求を辻氏がすべて受け入れる形で決着。2017年6月23日に保険会社からAさん家族のもとに、億単位の多額の賠償金が振り込まれている。

 その後、辻氏は若手経営者として脚光を浴びるようになり、SNSやメディア出演で多くの人の目に触れる機会が増えた。テレビに出演する辻氏を見るたびに、夫妻はチャンネルを変えたという。介護は9年目を迎えていた。

「胃ろうになると聞いた日の夜は涙が止まりませんでした」

 遷延性意識障害の介護は過酷なものだ。

 床ずれを起こさないために数時間に一度は体勢を変える必要があるが、Aさんは180センチと大柄なので、介護者が1人ではそれすら難しい。Aさんの両親は夜間も交替で起き、喉が詰まらないように痰の吸入もする必要がある。

 食事は口から摂取することはできないので胃に管を通して注入する形だ。プロテインドリンクのような液体を手に、Aさんの父は力なく笑う。

「お腹から入れるのに、バナナとか一応味があるんですよ。食事ひとつとっても大変です。ゲップができないからお腹の空気を抜いて、体の緊張を解く薬と白湯を注入してからようやく食事を点滴のように流し入れるんです。もう10年近くやっているのにたまに失敗することもあります。胃ろうになると聞いた日の夜は涙が出て止まりませんでした。もう大好きなカレーや唐揚げを食べられないのか、と」

 Aさんが一日を過ごすベッドサイドには、事故直後に友人たちからもらったという「おい! Aっ がんばれ!! みんながついてるから!!!」と書かれたコルクボードが飾ってある。「親が言うのも恥ずかしいですが、Aは人気者だったんですよ。わざわざ学校を休んで面会に来てくれた友達もたくさんいました」(Aさんの父)

 同じ2016年頃から、Aさんの両親は辻氏のSNSやYouTubeに対して何度もメッセージを送っていた。数年にわたって返信は返ってこなかったが、2020年5月、唐突にFacebookで反応があったという。

喧嘩腰で「僕を殺しにくればいい」

辻氏《ずっと我慢してましたがこれ以上は訴訟おこしますね 色んなところに書きこみしてますよね?》(2020年5月4日)

 辻氏とAさんの父のメッセージはこのように続いている。

父《おこしたら、謝罪はどうなってるんや》

辻氏《わかりましたおこしますね》

父《謝罪は 家の現状見てもないのに 息子の姿》

辻氏《謝罪だけして済むものではないですし法的な罪は僕は償いましたしお金も払いました もちろん今でも決して忘れてません でも僕も前向きに生きなくてはいけないです》

 このやりとりのあと、Aさんの父と辻氏は電話をすることになった。

「彼は喧嘩腰でした。『僕にどうせいっていうねん』『僕を殺しにくればいい』などの言葉はハッキリ覚えています。逆に、謝罪に来るとか息子の現在を気遣うような様子は一切ありませんでした」(Aさんの父)

Aさんの父は「法的な天罰下るか分からん」とメッセージ

 同時に、夫妻は「色んなところに書き込み」をしたという点について、自分たちの落ち度を認めてこう話している。

「辛い気持ちをどこかに吐き出したくて、誰にも見られるTwitterやブログに辻氏のことを書き込んだこともありました。書き込み始めたのは彼が経営者として派手な生活をし始めた2015年、16年頃からです。ダイレクトメッセージの言葉遣いも、丁寧とは言えないものだったでしょう。夫が、《そのうちに法的な天罰下るか分からんなぁ》(2017年9月11日)、《お前そろそろええかげんにせーよ!》(2020年4月11日)などのメッセージを送ったのも事実です。

 辻氏が法的にはすでに罪を償っていることはわかっていましたが、それでも気持ちを抑えられなかったのは私たちの至らなさです。でももし、彼が10年のあいだに謝罪に来てくれたり、せめて手紙だけでも送ってくれていたら……私たち家族の気持ちも息子を支えることだけに向いていたかもしれません」(Aさんの母親)

 辻氏とAさんの父が話した数カ月後の2020年9月〜10月頃、Aさんの母も辻氏とインスタグラムのダイレクトメッセージでやりとりをしている。

「事故からちょうど9年が経った9月11日に彼のインスタグラム配信があり、楽しそうに話す彼を見ていたらどうしても腹が立ってしまって、『今日何の日か覚えてる?』『なぜ謝罪に来ないのか』というコメントを送りました。その後に、辻氏からダイレクトメッセージが送られてきたんです」(Aさんの母親)

辻氏は母親に「これ以上攻撃してくるなら内容証明おくります」

辻氏《マジで誰や 名前言え 目の前でどうどうと話しに来い 調べたろか》

 そのメッセージにAさんの母が反応し、やりとりは次のように続いている。

母《Aの母親です。おたくが被害者、被害者家族の前に来るべきではないですか?》

辻氏《この前お父様と喋りました これ以上攻撃してくるなら内容証明おくります》

母《なにも攻撃してません(中略)うちの子の前で謝罪して欲しいだけです》

辻氏《とりあえず弁護士から連絡させるから番号下さい(中略)なめられてますね僕も》

「彼からの返信はとても高圧的で、攻撃的に感じました。もしかしたら事故のことなど覚えていないのか、と思うほど対応が冷たかったのです。もちろん、息子に対する謝罪はありません」(Aさんの母)

 辻氏とのやりとりは、Aさんの母が送った次の文章で終わっている。

母《あなたが約束した謝罪9年間ずーと待ってます。来年の9月11日で10年です》

「既読がついたまま、返信は来ませんでした。やっと彼と連絡が取れたのに、また謝罪を待ち続けるのかと思うと辛かったです」(Aさんの母)

「家族の希望はずっと同じで、息子に直接謝罪してほしい」

 そこでAさん一家と辻氏の連絡は再び途絶えたが、2021年2月に柳原氏の記事が公開されて問題が再燃。現在も両者の溝は埋まっていない。

「事故が起きてから9年間、こちらから連絡しても2020年5月までは何も返事がありませんでしたが、騒動になってからは毎日のように辻氏から連絡が来ます。『お父さん、2人で話しましょう』、『住所教えてください』って。でも僕と彼が2人で話したところで今更何になるのでしょうか。私たち家族の希望はずっと同じで、息子に直接謝罪してほしい、息子がいまどんな毎日を送っているのかを知って欲しい、ただそれだけなんです」(Aさんの父)

 辻氏は2月27日に公開した自身のYouTubeで、昨年5月の電話についてこう語っている。

《お父さん、僕はいつでも会いますとも言いました。そのときも相手方のお父さんは『今回こうやって電話で辻君と喋れたことによって少し前に進めた気が俺もする』と言ってくださりました》

 しかしAさんの父は、辻氏のこの受け止めにも違和感があるという。

「僕たち被害者家族と9年越しに電話をして『辻さん、あなたが一歩前進しましたね』と伝えたつもりだったんです。彼がYouTubeで話していることは、僕たちの気持ちと食い違っていることがかなり多い。話が通じている感じがしないんです……」

 取材班は続いて、事実確認のため辻氏に接触した。すると辻氏は取材班に「全て話します」と、加害者の立場で過ごした10年間について口を開いた--。(#2につづく)

「『やっぱり教習所行こう』の投稿はすぐ消した」若手経営者・辻敬太氏が語った交通事故“被害者との諍い”の真実 へ続く

(「文春オンライン」特集班/Webオリジナル(特集班))