死ぬ危険がある農薬を秋田の自販機のビールから検出 何者かが注入か

ざっくり言うと

  • 秋田県横手市の自販機に残されていた缶ビールから、パラコートが検出された
  • 農薬成分であるパラコートは致死性が強く、毒物に指定されている
  • 缶の底に穴が開いており、警察は何者かが意図的に注入したとみて調べている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x