もうすぐ生理かも…食べ方を変えて生理前の便秘を解消!

写真拡大

エステティシャン・鍼灸師として豊富な経験を持つ森田真理先生。女性ホルモン研究家でもあり、不妊や産前・産後ケア、生理トラブル、更年期障害といった女性特有の症状に特化して治療をされています。今回は、生理前のお悩み・便秘を解消する食材についてうかがいました。

腹筋を鍛えれば、便秘予防にも効果あり

「お腹がスッキリしない」というのは、よくある生理前のお悩みですよね。真理先生に、解決策を教えていただきましょう!

「女性は、便秘で悩む方が非常に多いですね。腹筋が弱い方は、便を押し出すことが難しくなってしまいます」

なるほど、腹筋を鍛えれば、便秘予防にもなるということですね!

「また、そもそも食事の量が少ない方、デスクワークが多かったり運動不足だったりして骨盤の中の血流が滞りやすい方は、便秘になりがちですね」

食物繊維を摂ろう

「生理前はホルモンの影響で、腸のぜん動運動(うねるような収縮運動)が弱まってしまうんですね。そうすると便が出づらくなってしまい、便秘しやすくなってしまいます」

「また、便意は、朝食後感じやすくなります。脳で便意を感じた時、すぐにトイレにいけない方は、そこで便意を喪失してしまうと、一日中出なくなってしまいます。ですから、朝食は摂ったほうがいいですね」

何かとあわただしい朝でも、お腹の調子を保つためには、トイレに行く時間、また、朝食を摂る時間はきちんと確保したほうがいいようです。

「食物繊維は乳酸菌を増やしてくれるので、便秘の方にはオススメですね。毎食、海藻・きのこ・野菜などをよく噛んで、たっぷり召し上がるといいです」

食物繊維の多い食事を心がけて、すっきりしたお腹で過ごしたいですね。

ライター:沢田聡子
監修:森田真理/Mari鍼灸Salonオーナー。痩身・美容鍼灸家として人気が高い。オリジナルブランド「ぎんざ美人灸」を持つ。