Twitterやテレビでも話題になった「闇風呂」を安全に試せる便利な癒やしグッズ

写真拡大 (全3枚)

Twitterで話題になった闇風呂は、テレビのニュース番組でも取り上げられたこともあり、拡散が広がっています。

闇風呂のツイートとは、「お風呂の電気を消して暗いままで湯船に浸かると、目への負担がなく温まり、目の奥のコリがほぐれていくのがわかる」という内容でした。
このつぶやきを見た人が実際に試し、「その効果を実感した!」といった多くのつぶやきが投稿されたことで話題になっているようです。

スマホやパソコンで目を酷使する現代人にとって、試してみたい方法ですね。

●闇風呂のもたらす効果とは?
文字通り、電気を消すなどして暗い状態で湯船に浸かる入浴方法です。
・寝る時と同じように、脳が休む時間だと感じ、自律神経がリラックスする
・浴室内の湿気によって、ドライアイに潤いを与える
・リラックスと血行をよくするW効果で目の回復力が高まる
・眼精疲労低減効果もある

など「目の疲れに効果的」という専門家による分析結果もあるとのことです。

ただ、闇風呂を試す際には注意すべきこともあるそうです。
●闇風呂の注意点とは
・お湯の温度は38〜40℃を目安にする
・高すぎる温度は逆効果となるので注意する
・暗いのが苦手な場合は適度な明るさの調整をする
・リラックスしすぎて寝ないように注意する

しかし、浴室の明るさを調整するのは、意外に難しいもの。また、暗くすることで転倒の危険もあります。暗くなった狭い浴室に恐怖や不安を覚える人もいるようです。

そこで、安心して闇風呂を試せる便利グッズを、紹介します。

湯船に浮かぶ7色イルミのスピーカー「レインボーUQUA」
山善(YAMAZEN)から発売されているワイヤレス防水スピーカー「レインボーUQUA(ウクア)」は、7色のイルミネーションと、音楽でリラックスできる便利グッズです。

スマホやBluetooth搭載のデジタル機器とペアリング(最大4台までの登録可)することで、湯船に浮かべてお気に入りの音楽を聴くことができます。

7色のイルミネーションは、青→紫→ピンク→赤→黄→緑→水色の順に光ります。
浮かべる、掛ける、置く、の3通りで使える便利さもうれしいポイントです。
販売価格:3,490円


音楽も聴ける水に浮くBluetoothスピーカー

光の投影とアロマの香りに包まれてリラックスできる「プロジェクションバスアロマ YURA」
「プロジェクションバスアロマ YURA」は、付属の投影フィルムを使うことによって、バスタブに幻想的な光が映し出されます。また、数滴のアロマを入れることで浴室内に心地よい香りが広がります。

投影フィルムは、花柄の「トロピカル」と魚や亀が海を泳いでいる「オーシャン」の2種類。
本体上部に好きな香りのアロマオイルを数滴入れて使えるので、オイルが浴槽内に付着しないので、お掃除もカンタンなのがうれしいですね。

好きな香りに包まれることで、さらなるリラックス効果が期待できそうです。
販売価格:3,480円


入れるオイルでリラックス効果を倍増できる

闇風呂で、目の疲れを解消できる「闇風呂」を試してないのはもったいないです。
闇風呂体験中は、アラームをセットしたスマホを脱衣所などに置いておけば、気持ち良すぎて寝てしまうこともないですよ。
にゃんこ