iPhoneを突然のゲリラ豪雨から守る! 最適な防水ケースの条件

写真拡大 (全4枚)

防水ケースと聞くと、海水浴や川遊び、お風呂など、特殊なシーンで使うものと思っていませんか。
防水ケースには、ガッチリしたタイプやゴツゴツしたタイプのほかに、ソフトな防水ケースもあります。

実は、ソフトな防水ケースは、アウトドアなどの特殊なシーン以外にも使い道があるのです。

●ソフトな防水ケースのメリットは?
ソフトタイプの防水ケースは、女性でも軽く、簡単に脱着でき、扱いやすいのが特徴です。
また、収納時はまるめてカバンやポケットにしまえるので、場所もとらずに持ち歩けます。

夏は、突然のゲリラ豪雨や雷雨が多くなります。特に最近のゲリラ豪雨は、短時間で路面が水没したり、地下に浸水したりするほどの激しい雨なので、ゲリラ豪雨の中では傘も効果がないほどです。
そんなゲリラ豪雨の中では、防水機能のないiPhoneなどのスマホは、ひとたまりもありません。

そんなとき、ソフトタイプの防水ケースがあれば、非防水のiPhoneでも水没や水濡れの心配はありません。
防水ケースにさえ入れてしまえば、ゲリラ豪雨の中でもiPhoneを使って雨レーダーアプリで雨雲の通過を調べたり、連絡をとったりすることも水没や水濡れによる故障の心配なしに使えます。

さらにソフトタイプの防水ケースは、女性でも持ち歩きに違和感のないカワイイケースがあるのもメリットでしょう。

DIVAID フローティング防水ケース…価格1800円
・水に浮くフローティング機能で沈まない
・国際規格「IP68」相当の防水・防塵レベル最高基準
・水深20mで30分の防水が可能

ふかふかのクッションが入っていて、水の中に沈むことなく浮いてきてくれる紛失防止にもなる万能ケースです。
さらに、ネックストラップとカラビナが付属でついているので、首から下げたり、かばんやベルトに掛けたりして使うこともできます。


DIVAID フローティング防水ケース

ディズニーキャラクター スマートフォン用防水ソフトケース…2362円
・水に沈めても大丈夫なパワフル防水
・国際規格「IPX8」相当の防水機能
・水深1.5mで60分の防水が可能

付属のミッキー型のシリコン吸盤は、iPhoneの背面につけて落下防止に、スタンドとして動画視聴にも使えるかわいいいだけじゃない便利なケースです。
付属のネックストラップは、長さ調整ができるので、斜めがけや、縦と横どちらの方向にでも吊りさげることができて便利です。


スマートフォン用防水ソフトケース

アームバンド、カラビナ付防水ケース…1680円
・ジッパーと2つの面ファスナーを使用した厳重な3重構造
・国際規格「IP68」相当の防水機能
・水深10mで30分の防水が可能

海辺での使用以外に、ジョギングなど汗をかきやすいシーンでも気にすることなく安心してトレーニングに専念できますね。
また、お気にい入りのネックストラップを用意してケースのカラビナに取り付ければ、首にかけて使うこともできるのは便利ですね。


画像のキャプションを入れる

ソフトタイプの防水ケースは小さく丸めて持ち運びできができるので、突然のゲリラ豪雨などに備えて準備しておきましょう。
にゃんこ