織田信長が築城した小牧山城 当時の技術の限界超える3段の石垣ビーカイブ

織田信長が築城した小牧山城 当時の技術の限界超える3段の石垣

ざっくり言うと

  • 戦国武将の織田信長が、1563年に築城した愛知県小牧市の小牧山城
  • 城跡の調査で、3段の石垣(高さ約6メートル)で囲まれていたことが判明
  • 城郭考古学の専門家は、「当時としての技術の限界を超える石垣」と驚愕

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング