(左から)「イッテQ」司会の内村光良、「ポツンと一軒家」司会の所ジョージ

写真拡大 (全3枚)

ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)の勢いが止まらない。4月7日の放送では、過去最高の17.6%(ビデオリサーチ調べ:関東地区、以下同じ)を叩き出したのだ。ただし、この日の「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)は「ザ!鉄腕!DASH!!」(同前)などとの特番となり、NHK大河「いだてん〜東京オリムピック噺」も選挙報道に変わって比較はできない。

「ポツン」が2月24日の放送で、王者「イッテQ」に視聴率わずか0.1ポイント差ながら勝利したことは、デイリー新潮でもお伝えした。翌週(3月3日)は王者「イッテQ」が意地を見せたが、3月24日、31日と「ポツン」が2連勝を続けているのだ。さらにいよいよ王者の座を奪う時期が来たのだろうか。

(左から)「イッテQ」司会の内村光良、「ポツンと一軒家」司会の所ジョージ

 だが、業界関係者は「ポツン」の番組作りの勢いは衰えつつあると指摘する――。

 ***

 日曜夜8時枠といえば、数年前から「イッテQ」の一人勝ち状態だった。だが、今年に入ってからは「ポツン」が躍進。最近では視聴率で王者を抜くことが、もはや珍しくなくなった。事実、2月24日に0.1ポイント差で勝利してからは、3月10日、24日、31日の放送で勝利している。僅差での勝利が多いが、31日の放送では0.4ポイントの差をつけている。

「確かに今年の2月以降、『イッテQ』の視聴率は20%を超えたことはありません。しかし、昨年報じられた祭り企画のヤラセ問題の影響は、あまりないと言っていいでしょう。『ポツン』に破れることはあっても、『イッテQ』も15%以上の数字を取っていますからね」(他局プロデューサー)

 たしかに王者は、今も高視聴率を続けている。ならば、それをも上回る視聴者を獲得している「ポツン」のほうが、真の王者とは言えないのだろうか。

「イッテQ」VS.「ポツン」 そして「いだてん」の視聴率 【1】

「『ポツン』もいい数字を取っているのですが、『イッテQ』と競るようになってきたのは2月以降のこと。これはNHK大河『いだてん』の視聴率が1桁に落ちてからだと考えられます。つまり、大河ファンが『ポツン』に流れたのが大きいのではないでしょうか」(同)

「イッテQ」と「ポツン」、そして「いだてん」の視聴率の推移を見てみよう。まずは今年初めから2月中旬にかけて。

「イッテQ」VS.「ポツン」 そして「いだてん」の視聴率 【2】

 そして、「ポツン」が「イッテQ」に勝利した2月24日以降だ。

 本当に「いだてん」の視聴者が「ポツン」に流れたのか、両番組の視聴率を足してみると、2月24日以降は25.3〜25.7%に収まり、実に安定している。ちなみに、「イッテQ」と「いだてん」の視聴率を足してみると、24.9〜28.5%とばらつきが出てしまう。

「ポツン」と「いだてん」の視聴者層が似通っているという仮説は説得力がありそうだ。

「実際、『ポツン』の視聴者の大半が65歳以上だったという調査結果は出ていますからね。現在、16%以上の視聴率を取って安定しているのは、企画の面白さはもちろんですが、視聴習慣がついた証しだと思います。一方で『イッテQ』も16%を下回ることはありません。こちらの視聴者層は老若男女、幅広く楽しまれています」(同)

 なぜ、こんなに視聴者層が違うのか。

変化する人気番組

「『イッテQ』は、最初から現在の内容だったわけではありません。ラテ欄にはスペースの関係で『世界の果てイッテQ!』とありますが、正式な番組名は『謎とき冒険バラエティー 世界の果てまでイッテQ!』であることをご存知でしょうか。昔は“謎とき”つまりクイズ型式の番組で、前身となる深夜放送時代のタイトルは『クイズ発見バラエティー イッテQ!』でした。当初はゲストが指定された場所をロケしながらクイズを作って、スタジオの解答者が答えるという『なるほど!ザ・ワールド』(フジテレビ系)のような番組でした。それが番組から出された問題にゲストが答える形に変わり、全篇ロケと変化。タイトルのこそ、“クイズ”の“Q”が残っていますが、現在はご存知のように世界に行って面白いことに挑戦する番組となっています。『イッテQ』の企画は視聴者に合わせてドンドン形を変え、成長してきた番組なのです」(同)

 他にも、「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(テレビ朝日系)は元々クイズに重きを置いていなかったがタイトル通りクイズ番組に変化し、「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)は酒飲み談義の番組に。「プレバト!!」(TBS系)は前身の「使える芸能人は誰だ!?プレッシャーバトル!!」の略がタイトルとなり、当初は勝ち抜きバカ合戦のような作りが、同じ浜ちゃん司会の「芸能人格付けチェック」(テレ朝系)の“才能”版ともいえる俳句や水彩画といった腕を競う企画に変わった……。ことほど左様に、マイナーチェンジする番組は多いのだ。

「ポツン」についても、こんな指摘が――。

「『ポツンと一軒家』、いいタイトルだと思いますが、このタイトルで他の企画が思いつきますか? 企画の広がりが出ないタイトルです。この番組で最も恐れられているのは、ネタ切れに違いないでしょう。近所の人にも知られていないような人里離れた場所にある一軒家を探すのも大変でしょうが、さらに家主のドラマチックな物語、深い話など、そうそうあるものではないですよ。すでに物語が薄くなってきているようにも思えますからね。今はディレクターが捜索シーンの見せ方、演出で、なんとかカバーしているように思えます。この先、一軒家が見つからなくなった時、ちょっと違う企画を始めようとしても、この番組タイトルでは、それもなかなか難しいでしょうね」(同)

 もし、「ポツン」が年末まで人気を保ったとしても、来年の大河の主人公は明智光秀、持っていかれそうである。

週刊新潮WEB取材班

2019年4月14日 掲載