ウッズ人気はもはや昔話か(AFP=時事)

写真拡大

 たるんだ頬に無精髭、そして生気を失った目──タイガー・ウッズ(41)の顔は、全盛期の精悍さとかけ離れていた。

 5月29日、飲酒・薬物運転の疑いで逮捕されたウッズ。その際に撮影されたという彼の姿は、世界中で話題となった。『スッキリ!!』(日本テレビ系)では司会の加藤浩次が「これ見るとショックだよね……」と絶句。米大手スポーツチャンネル・ESPNは「彼がこれまで経験してきた苦難を写し出すような写真だ」と評した。

 逮捕についてウッズはアルコール・薬物の使用を否定している。それを信じるならば、彼の容貌を変えた原因は“本業の不調”だろう。

 全盛期にはツアーで連戦連勝、4大メジャーでは史上2人目となるトリプルグランドスラム(4大メジャー全てで3勝以上)を達成するなど、向かうところ敵なしだった。が、2009年11月に不倫が発覚したのを機に、彼の“転落”が始まった。車で妻から逃げる最中に交通事故を起こして負傷しツアーを欠場。その後は腰のケガなどに悩まされ、2016年は1試合も出場できていない。

 逮捕直前の5月28日に発表された世界ランキングは876位。

「復活を信じるファンも多いですが、ジョーダン・スピース(23)やローリー・マキロイ(28)、ジェイソン・デイ(29)らの台頭によって、ウッズ人気はもはや昔話になっている」(在米ゴルフジャーナリスト)

 本業の不調は、サイドビジネスにも大きな影を落としているという。

「ウッズは昨年10月、ベンチャービジネスを行なうブランド『TGR』を立ち上げたばかり。再起とともにゴルフグッズ販売などの事業を拡大させていくつもりだったが、人気低迷が原因となり、そちらも上手くいっていないようだ」(同前)

 米経済誌『フォーブズ』が公開している「アスリートのブランド価値ランキング」では、ウッズは不倫騒動を起こした直後の2010年でも1位を維持し、その価値は8200万ドルといわれていた。だが、昨年はテニスのロジャー・フェデラー(35)や陸上のウサイン・ボルト(30)らの後塵を拝して5位に陥落。それでも5位というのは驚きだが、その価値は3分の1の2300万ドルに急落している。

 ガタガタと音を立てて崩れていく自身のブランド力。その焦りといらだちが彼を激変させてしまったのかもしれない。

※週刊ポスト2017年6月16日号