27日放送の「好きか嫌いか言う時間」(TBS系)で「体罰」指導される息子が母親に感謝の言葉を述べた。

番組では、最終学歴が中学生の母親と高学歴の母親に分かれ、子育てについて討論を展開した。話題が「愛情ゆえの体罰」に移ると、大半の母親が否定的な意見だった。

なかでも高学歴側の母親たち全員が否定するなか、“強烈ビンタ”で息子を教育している「中卒」側の江藤由美子さんは実体験を明かし「悪いことをしたら刑務所に入る。そうなる前に私は叩いた」「殴った方も結構つらい」と心情を語った。

しかしスタジオの面々から同情は得られず。他の母親からは「親の支配下でコントロールする育児」との批判もあった。そこでVTRでは、実際に江藤さんの息子である丈(じょう)さんに話を聞いてみることに。

番組スタッフが「お母さんに育てられてよかったと思う?」と尋ねると、丈さんは「思いますね」と即答。さらに丈さんは「家族の仲のよさとか、絆は他の家に確実に負けない」と力強く答え、「母親としては100点満点」「この家で(生まれて)よかった」と、育ててもらったことへの感謝を述べたのだった。

丈さんからのメッセージに母親の江藤さんは思わず号泣。スタジオでは否定派や肯定派問わず、大きな拍手が起きていたのだった。

【関連記事】
日本の若者に在留外国人が苦言「一人前じゃないのにすぐ金の話」
デヴィ夫人が北朝鮮を擁護「日本のジャーナリズムはおかしい」
愛犬家・坂上忍 ペットビジネスをめぐり「クソ喰らえ」