地上340mで朝食を!目にも美味しい東京スカイツリーの眺食とは

写真拡大

早朝に集まり、ご飯を食べる朝活がスタンダードになった今、これまで数々の変わり種朝食が話題になってきましたが、まだ地上340m で朝食を食べるなんて想像できないのではないでしょうか。

目にも体にもいい!東京スカイツリーの「眺食メニュー」を写真で見る

美味しくて楽しい朝食を食べて1日をスタートさせたいなら、眺望を楽しみながら最高の1日をスタートさせてみるのはいかがでしょうか。

東京の新名所となって久しい東京スカイツリーで、展望台での優雅な朝食を楽しめる イベントが行われています 。

そのイベント名は、「いつかスカイツリーで朝食を at SKYTREE CAFE」 。

東京スカイツリーと月刊コミック@バンチの人気連載コミック「いつかティファニーで朝食を」とがコラボレーション して、地上340mの絶景を眺めながら特別な朝食を楽しめるイベントなんです!

「いつかティファニーで朝食を」は、新潮社の月刊誌『月刊コミック@ バンチ』に2012年5月号から連載が 開始されたマキヒロチさんによる作品で、去年2015年に実写ドラマ化され、累計120万部を突破した人気作です。

朝食にこだわりを持っているものの、 不本意に簡素な朝食を食べている 主人公佐藤麻里子とその友人たちが 理想の食を求め奮闘する物語。

グッドモーニングカフェ、築地の和食 かとう、ル・パン・コティディアン、 七里ヶ浜のbills......など、実在の人気店の美味しい朝食のを巡りながら「朝食女子」たちの姿を描く新感覚ストーリーで、食好きから絶大な人気を誇る作品なのです。

このイベントをやるのは早朝。早朝は空気が澄んでおり、とても美しい眺望を楽しみめる時間帯です。

富士山が見える確率が一番高いのも この時間。

他の時間帯にスカイツリーを訪れたことがある人も、早朝に来たことはあまりないのではないでしょうか。

開催期間中は同コミックの作者マキヒロチさんが監修した、爽やかなアールグレイ風味の東京スカイツリーオリジナルの絶品グラノーラなど4品のメニューが期間限定で登場するほか「いつかティファニーで朝食を」の食事シーンや名ゼリフ がカフェ内のいたるところに装飾であるので、作品のファンの方にも楽しめる空間になっているのです。

天望デッキ フロア340のSKYTREE CAFE内を ティファニーブルー一色で装飾し、オシャレでリッチな「眺食」体験を演出しているので、気分も上がりますよね。

また、作品内の主人公佐藤麻里子のフォトスタンディーや名ゼリフの装飾、貴重な複製 原画の展示もあり、作品のファンの方には一見の価値がある内容となっています。

併せて、期間限定メニューと展望台入場券がセットになったスペシャルチケットを期間限定で発売しますのでどちらも楽しみたい方はこちらがお得。

もちろん、作品を知らない人でも「眺食」をばっちり楽しめる場所となっています。

地上340mからの特別な眺望を見ながら食べる朝食は格別。アールグレイの香りを纏ったオリジナルミックス のグラノーラが何気ない一日のはじまりを特別な朝に変えてくれます。

このイベント期間限定のメニューをご紹介します。

ソラでほっこりクラムチャウダーの パンプレートセット 1,000円(税込)

香り高いオリーブオイルがアクセント になったクラムチャウダープレート。

優しい気持ちになれるメニューです。

そんな朝食セットに合うのが、フレッシュオレンジソーダ 700円(税込)

生しぼりのオレンジを使用したフレッシュ感あふれるソーダです。 爽やかな気持ちになれるメニューです。

アールグレイ香るスカイツリーグラノーラプレート ~水切りヨーグルトとフルーツ添え~もオシャレで美味しい一品。

北海道の良質な乳原料を使用。ヨーグルトを水切りすることで、タンパク質とカルシウムが増え、消化吸収がよく なります。食感はチーズのように滑らかになり、カロリーを気にされる方にもオススメです。

さっぱりした朝食を味わいたい人には、

生ハムとキャロットラぺのオープン スカイサンド 1,000円(税込)

トリュフ風味の半熟玉子と野菜がたっ ぷりのオシャレなオープンサンド。 食べて元気になれるメニューです。

期間は、来月2016年9月1日(木)~10月31日(月)まで。

場所は東京スカイツリー天望デッキ フロア340 SKYTREE CAFE です。

この機会にぜひ、東京スカイツリーで眺食を楽しんでくださいね!

©マヒキロチ 2012/新潮社 ©TOKYO-SKYTREE