グーグル新CEO、サンダー・ピチャイとは何者か

写真拡大

グーグルの新CEOに就任したサンダー・ピチャイは、インド生まれの43歳。その経歴や人がらをご紹介。

「グーグル新CEO、サンダー・ピチャイとは何者か」の写真・リンク付きの記事はこちら

グーグルは8月10日、自社組織を複数の企業に再編成し、中核であるインターネット事業を、野心的なプロジェクトのいくつかとともに、「アルファベット」という名前の新会社の傘下にスピンオフすると発表した(日本語版記事)。

グーグルのラリー・ペイジ最高経営責任者(CEO)は、アルファベット社のCEOに就任する。グーグルの新CEOは、長い間ペイジ氏の「副官」を務めてきたサンダー・ピチャイ上級副社長が引き継ぐという。

ピチャイ氏は、1972年生まれの43歳。インドのチェンナイで生まれ、高校時代はクリケットに熱中。現在は結婚して一男一女に恵まれ、聞くところでは、チェスの愛好家だという。

ピチャイ氏は、インド工科大学カラグプル校で工学士の学位を取得し、その後、スタンフォード大学で理学修士(MS)、ペンシルヴェニア大学で経営学修士(MBA)の学位をそれぞれ取得した。冶金学・工学・経営学における経歴がものをいい、コンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。その後、2004年にグーグルに入社した。

以来、彼はグーグル内で出世の階段を駆け足でのぼり、ChromeとChrome OSの開発を率いてきた。またその一方で、GmailとGoogle Mapsの開発にも力を貸した。ツイッターは2011年にピチャイ氏をグーグルから引き抜こうとしたが、彼がグーグルを離れることはなかった。

ピチャイ氏は2013年、アンディ・ルービンに代わってAndroid部門の責任者になり(日本語版記事)、ラリー・ペイジの「Lチーム」(ペイジ氏直属の部下である上級副社長たちで構成されるグループ)のなかで、最も重要なメンバーになった。

その後、ピチャイ氏は再び昇進し、2014年10月に製品担当上級副社長になった。一時期、マイクロソフトの新CEOの候補に彼の名前が挙がるのではという噂が飛び交ったが、彼はグーグルに残った。

このように、わずか6年の間に、彼は華々しいキャリアを歩み、中間管理職から、ペイジ氏の「副司令官」の座へと上り詰めた。ペイジ氏が、インドのタミル・ナードゥ州から来た、もの静かで分析的なこの人物の中に、自分が望む何かを見て取ったことは間違いない。

ペイジ氏はピチャイ氏について、次のように述べている。「サンダーは、技術的に優れていながら、使いやすい製品をつくる才能の持ち主です。それに、彼は大きな賭けが大好きです。Chromeがいい例です。2008年当時は、世界は本当に別のブラウザーを必要としているのか、という疑問がありました。今日では、Chromeは何億というユーザーを獲得しており、そのスピード、使いやすさ、安全性のおかげで急速に成長しています」

2012年にペイジ氏とピチャイ氏に密着した『フォーチュン』誌の記者は、両者の関係を「暖かく、気軽な結びつき」と表現した。どの情報源を見ても、ピチャイ氏は、彼を知り、ともに働く人たちから、「意見の衝突」ではなく「意見の一致」を生み出すナイスガイだと思われているようだ。ということであれば彼は、グーグルのポリシー「邪悪になるな」を具体化し、ペイジ氏に代わってグーグルの伝統を守る理想的な人物ということなのだろう。

TAG

GooglePeopleIndexSundarPichaiWIRED UK