横浜中華街を訪れた中学生ら62人が食中毒 食事提供の店を営業停止処分に

ざっくり言うと

  • 5月15日に横浜中華街を訪れた中学生ら62人が集団食中毒となった
  • 横浜市は、食事を提供した「華龍飯店」を営業停止処分とした
  • 調査で生徒から検出された菌と同じ種類の菌が、従業員からも検出された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x