投票率が"戦後最低"となった背景

ざっくり言うと

  • 総務省は17日、衆院選の投票率を発表
  • 小選挙区選は前回を下回る59・32%となり、戦後最低の数字となった
  • 現行の期日前投票制度が導入されて以降、今回初めて減少
  • 複数の政党が乱立し、争点が見えにくかったことなどが関心を低下させた可能性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング