1割の国が出展断念 手抜き突貫工事で上海万博崩壊の危機!?

写真拡大

 万博史上最大となる7,000万人が来場すると見込まれる上海万博が、いよいよ5月1日に開幕する。

 文明国家を世界にアピールしたい中国の威信をかけた国家的イベントだが、公式テーマソングやマスコットキャラクターの盗作騒動など、そのメンツが揺らいでいるのは周知の通りだ。

 さらにシャレにならないことに、グラグラと揺らぐ危険性が出ているのが、パビリオンなどの万博会場の建築物だ。

 万博開幕を目前に控えた現在でも、複数のパビリオンが未完成であり、極度の突貫工事が敷かれているというのだ。

 台湾の「中央通信社」が伝えたところでは、「自国のパビリオンの建設が間に合わないことを理由に、約1割もの参加予定国が出展を取りやめることになった」と上海副市長が明らかにしている。

 上海市の広告代理店社員として、万博のプロジェクトに携わる日本人男性は、万博会場内部で進められている突貫工事の様子をこう語る。

「4月20日に第1回のリハーサルが行われたんですが、パビリオンの3割ほどが未完成のためにまともなリハーサルは行えなかったんです。しかし、4月の頭に訪れた時には、半分も完成していなかったのが、その後の2週間で驚くほど追いついた。最近では、朝、足場を組んでいた建物が夕方にはほぼ完成しているといったほどの究極の突貫工事です。ただ、現場の作業員たちは夜通し働かされているようで、みんな過労のためか死んだ魚のような目をしていて、いつ事故が起こってもおかしくない状況です」

 さらに、建築作業員増員のため、現場作業の経験のないズブの素人まで駆り出す始末だ。

「もともと作業員用の食堂で働いていた人たちも、最近では建設作業を手伝っています。彼らはもちろん建設作業はまったくの未経験。それでも最近では鉄骨を組んだりといった作業に関わっているようです。パビリオンは万博開催中だけ使用する仮設建築物なので、彼ら作業員の合い言葉は『半年もてば没問題!』なのだとか......」

こうした突貫工事の弊害だろうか。香港紙「アップルデイリー」の報道によると、20日のリハーサルで公開されたイタリア館のガラスが崩壊するという事故があった模様。  

 手抜き工事を原因とした建築物の倒壊事故などが全国で発生している中国だが、会期中に大惨事が発生しなければ良いが......。
(文=高田信人)


※画像は上海万博公式ホームページより



【関連記事】
携帯メールで出頭要請も!? Googleを辟易させた中国ネット検閲の実態
「違法DLもプロモーション利用!」知的財産権無法国家・中国のしたたかな実情
蒼井そらが中国のTwitterで大人気! AVから始まる日中交流