菊池雄星の反則投球問題で審判長が謝罪「伝えているつもりだった」

ざっくり言うと

  • 27日、菊池雄星の反則投球に関して日本野球機構の友寄審判長が謝罪した
  • 反則投球は「責任審判が伝えているつもりだった。申し訳ない」と審判長
  • 菊池は日本野球機構に、判定基準の統一や球団への説明の徹底などを求めた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング