【AFP=時事】アイルランドの首都ダブリンの学校に勤務していたフランス人教師でナチス・ドイツ(Nazi)の親衛隊(SS)の一員だった男性から身体的虐待を受けていたとして、元生徒らが学校側に謝罪を求めている。地元日刊紙アイリッシュ・タイムズが3日、報じた。1922年生まれで2009年に死去したルイ・フートロン(Louis Feutren)氏は第2次世界大戦(World War II)中、悪名高いナチスの親衛隊に入り、ユダヤ人やフランスのレジ