あなたの薄毛は何が原因?ストレスやスタイリング剤による薄毛の詳しい原因と対策! 換毛期の秋だからこそ、もう一度ヘアケアを見直そう!

写真拡大

秋ケアのポイントは…抜け毛を最小限に食い止めて頭皮老化を防ぐ!

通常、健康な人でも毎日50〜100本の抜け毛があり、一定のサイクルで生え変わりを繰り返しています。

それが、秋になると一日100〜200本に増加します。

これは、秋に毛が抜け、冬に生え変わる動物の遺伝子の名残。抜け毛の秋の正体です。

ですから、抜け毛と言ってもこのようなヘアサイクルに準じた抜け毛や、秋の換毛期による抜け毛であれば気に病むことはありません。

しかし、夏の蓄積ダメージを持ち越して頭皮老化が進み、脱毛症のように一度にごっそり抜け落ちる抜け毛もあり、こうなると薄毛は一気に加速してしまいます。

秋は育毛効果をなかなか実感しにくい季節。

こんな時こそ基本のケアに立ち返り、コツコツとお手入れを続けることが大切です。

必要以上に抜け毛は気にしないように!

薄毛の原因

薄毛の原因1 血行不良による頭皮環境の悪化

髪の毛を形成している毛母細胞に栄養を運んでいるのが血液です。

血行が悪くなれば、本来の発毛サイクルが崩れます。停滞しがちなヘアサイクルを正常に戻すには血行促進が最も大切です。

血液によって運ばれる栄養は、毛乳頭から吸収して毛母細胞を活性化させます。

それが充分に細胞に行き渡らないことで、薄毛の原因となります。

自律神経が緊張することによって、血管を収縮させてしまい、栄養を運ぶ血液が減少してしまいます。

薄毛の原因2 不眠症・睡眠不足

充分な睡眠が取れない事で、発毛サイクルの代謝活動がうまくいかず、抜け毛の原因となり、薄毛に繋がる場合があります。

髪の毛の生成される時間、成長ホルモンが分泌が活発になる時間帯が、午後10時〜午前2時の間と言われてます。

このように睡眠が薄毛対策には重要不可欠です。

ストレスによって自律神経の制御がうまくいかず、なかなか寝付けない方は「不眠症」になりがちになります。

仕事の関係で朝晩が逆転している方は、できる限り、週に1度は夜に睡眠をしっかりとりましょう。

薄毛の原因3 スタイリング剤

スタイリング剤に含まれている成分の中でも薄毛と関係の深いのが、「界面活性剤」です。

界面活性剤には、本来混ざり合わない水分と油分を混ぜ合わせる力があります。

よって、クリームとスタイリング剤を乳化させて、水分と混ざりやすくさせることができるのです。

薄毛の原因は、石油系の界面活性剤。

界面活性剤は、植物系と石油系の2つのタイプに分けることができます。

植物系は、害が少なく安全性は高いですが、石油系は毛根に悪いです。

石油系の界面活性剤には、タンパク質を破壊する成分が含まれているので、注意が必要です。

安価なヘアーワックスなどは、石油系の界面活性剤が含まれている割合が高いです。

薄毛の原因4 皮脂を取りすぎる

頭皮にとって、酸化した皮脂は汚れや炎症の原因になります。

そのため毎日シャンプーで酸化した皮脂を洗い流すのが、ヘアケアにとって大事と考えられています。

しかし、皮脂を取りすぎることも問題になります。

なぜなら皮脂が不足すると、頭皮は乾燥したり、過剰反応でベタついたりします。

そのため洗浄力の強すぎる界面活性剤で洗髪することは、頭皮環境を悪化させることに繋がります。

薄毛の原因5 アレルギーの危険性

肌が弱い人は界面活性剤によってアレルギー反応が起こる危険性があります。

特に、アレルギー性の皮膚炎は頭皮にダメージを与えるのです。

さらに、発毛の妨げにもつながります。

ですので、アレルギーの危険性があることも薄毛と界面活性剤が関係している理由になります。

頭皮に付着して毛根に栄養や酸素が送られなくなり、抜け毛の影響になります。

薄毛の原因6 ヘアジェルの頭皮への影響

例えば、ジェルは水に濡れると、髪の毛をつたって頭皮に付きやすいです。よって、ジェルは毛根に良いとは言えません。

頭皮に付着したジェルが、皮脂と結合して固まりやすくなってしまいます。

薄毛の原因7 ヘアスプレーによる弊害

ヘアスプレーも頭皮をコーティングして、毛根を詰まらせてしまいます。

頭皮までスタイリング剤が触れることなく、髪の毛にとどまりやすいワックスが、毛根への影響は少ないです。

薄毛の原因8 栄養不足やホルモンバランス

特に女性は亜鉛や鉄などのミネラルが不足しがち。

髪の成長に欠かせない栄養素なので積極的に摂取しましょう。

豆腐や豆乳、きなこなど、大豆イソフラボンもホルモンバランスを整えるのに役立ちます。

ここまでで、薄毛には様々な原因があることが分かりました。

これからは、その解消法についてご紹介します!

薄毛対策

薄毛対策1 ストレスを取り除く

血行不良などがストレスで原因となっている場合は、ストレスを取り除く事で改善できる可能性があります。

ストレス解消に大切な事は、運動や趣味など、ワクワクする事でストレス改善に繋がります。

自律神経を整える為にも、質の良い睡眠やリラックスする為に浴槽温度は39度でゆっくりと入るなどして、一日の疲れをとる事で、乱れた自律神経を整える事が出来ます。

この様な事を意識して、ストレスを内面からしっかり改善する事をおススメします

薄毛対策2 育毛剤を使用する

停滞しがちなヘアサイクルを正常に戻すには血行促進が最も大切。

栄養が補給され始めると髪は成長を始めます。また、凝り固まった頭皮を柔らかくすることが大事です。

緊張をほぐして血流を改善すれば、新陳代謝が高まり発毛を促進できます。

育毛剤の浸透力UP にも効果的です。栄養が補給され始めると髪は成長を始めます。

薄毛対策3 スカルプシャンプーを使用する

アミノ酸系のやさしい泡が、抜け毛を助長する毛穴詰まりを確実にオフ。

育毛剤の浸透力もグンと高まります。

パサつく髪はブラッシングだけでも抜けてしまうので、早めの修復ケアで保護。ハリ・コシ満ちる美髪を作りましょう。

育毛剤の使用量は十分ですか?頭皮の毛穴は意外に深いもの。

毛母細胞まで届けるためには、たっぷりと塗布することが大切です。

育毛剤が水分で薄まらないように、頭皮をしっかり乾かすこともお忘れなく。

薄毛対策4 頭皮のクレンジングをする

頭皮クレンジングは、毛根の汚れや皮脂を気にしている方への頭皮ケアです。

メイク落としのように頭皮も余分な皮脂汚れを落としてくれるからです。

頭皮クレンジングの役割は、頭皮の皮脂をなじませる事にあります。

頭皮クレンジングのやり方

.戰咫璽イルやメイク落とし(クレンジングオイル)などを用意しましょう。

乾いた髪を軽くブラッシングし、用意したオイルを頭頂部から全体に適量なじませます。なるべく頭皮にだけつけるようにしましょう。

指の腹で優しく5〜10分ほど頭皮マッサージをしたあと、お湯で洗い流してください。後はいつも通りにシャンプーしてください。

頭皮の皮脂とオイルがなじんでくると、自然に毛根の汚れが取れていきます。

頭皮のクレンジングは専用のものもあるのでそちらを使うのも良いですが、100円ショップで販売しているベビーオイルも有能なので、コスパを重視している方は100均ベビーオイルを使ってみてください。

頭皮用のカメラで見ると、クレンジング前の毛根と、クレンジング後の毛根の違いは明らかです。
クレンジング前の毛根は、皮脂で埋まっています。

それがクレンジング後には、綺麗な毛根になっているのが分かります。

クレンジング後に、頭皮を保湿してあげると、頭皮だけでなく、髪に良い効果を与えることができますよ!

保湿のやり方

ぅリーブオイルを用意しましょう。濡れた状態の髪にオリーブオイルを適量なじませます。

シ擇マッサージをした後、髪を蒸しタオルなどで包んで数分放置します。

Εイルをきちんと洗い流して、クレンジング時と同様にシャンプーをしたら完了です。

髪の保湿効果があるオイルは、オリーブオイル以外にもたくさんあるので色々試してみましょう。

また、毎日スタイリング剤を使用する方は、毛根を綺麗に保ち、ヘアケアを徹底しましょう。

スタイリング剤に含まれる、全ての界面活性剤が薄毛を促進するわけではありません。

多くの界面活性剤が安全に使用できます。

しかし、中には危険性が高いものもあります。

中でも、ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naは、特に危険性が高い界面活性剤だと考えられています。

ですので薄毛対策を考えている方は、ヘアケア製品の成分表をしっかりチェックしてから使いましょう。

まとめ

薄毛は、ヘアサイクルのリズムが乱れ、お休み期間が長くなっているだけです。

決して毛根が死んでいるわけではありません。

ヘアサイクルのリズムを整える適切なケアで、髪は必ず生えてくるのです!

ケアを続けていれば抜け毛の秋も怖くない!

不要な抜け毛が防げますよ。