「The金持ちの車」という悪趣味なオーラが漂うまでに魔改造されたスーパーベンツ「Anliker McLaren SLR 999 Red Gold Dream」がとんでもないんですよ。

真っ赤な車体に輝く金のホイール、ヘッドライト。 各パーツには5キロの金と600個のルビーが使われており、成金趣味ここに極まれりといった感じ。販売価格はなんと1000万ドル(約10億円)。

スイスの実業家・Ueli Anlikerさんが作らせたものだそうですが、とくに愛車として乗りこなすわけではなかったそうです。でも、ちゃっかり自分の名前を車名の一部に加えちゃうあたり、「このバカみたいに高いクルマ、オレが作ったんだぜ!」って自慢したかったんでしょうね。


金にモノを言わせた10億円のベンツがいろんな意味でスゴイ漂うミニチュア感


金にモノを言わせた10億円のベンツがいろんな意味でスゴイ再び、漂うミニチュア感


金にモノを言わせた10億円のベンツがいろんな意味でスゴイファンシーすぎる黄金に輝くダッシュボード


金にモノを言わせた10億円のベンツがいろんな意味でスゴイハンドルだけでおいくら万円でしょうか...


金にモノを言わせた10億円のベンツがいろんな意味でスゴイ金or赤色というラグジュアリーすぎる車内


金にモノを言わせた10億円のベンツがいろんな意味でスゴイ考案者のUeli Anlikerさんのロゴがキラリと光る


$10 Million Dollar Mercedes Is Worth Every Penny

(haruYasy.)