4日、日本・長崎地方裁判所は、中国人女性研修生の訴えを認め、被告に慰謝料200万円の支払いを命じた。原告は時給300円で働かされパスポートも取り上げられたほか、セクハラの被害も受けていた。資料写真。Record China

奴隷「賠償」はどこまで遡るのか

ざっくり言うと

  • カリブ14カ国が奴隷制度による被害の賠償を英、仏、蘭の3カ国に請求
  • 契機は英が6月、半世紀前のケニア統治時代の賠償金支払いを認めたこと
  • カリブ諸国は200年前の制度を挙げており、どこまで過去が裁かれるか疑問も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング