川面に幻想的な約2500個の灯りが揺れる!浅草夏の夜まつり とうろう流し

写真拡大

さまざまな「祈り」を小さなとうろうに込めて川に流す、とうろう流し。夏の夜の川面にゆらゆら揺れる灯りは、とても幻想的な美しさ。浴衣姿で参加したら、夏の風情を満喫できそう。。

2015年8月15日(土)に、隅田川沿いで「浅草夏の夜まつり とうろう流し」が開催される。隅田公園親水テラスに特別に設置されたスロープから、思い思いの「祈り」の言葉を書き込んだ「とうろう」を流すこともできるそう。

事前に申し込む場合は、とうろう代(1ヶ1500円)を持って、前日の8月14日(金)までに浅草観光連盟(東京都台東区浅草1-34-7 井上ビル3F 03-3844-1221)へ。

当日、会場で申し込む場合は隅田公園入口(水上バス乗場前)で、14時から受付を開始する。全体で2500個程度のとうろうがなくなり次第、受付終了となるので、当日参加の場合はお早めに。

「当日に参加される場合は、とうろうに文字を書き込む場所を設置しますが、混み合うので事前申し込みがオススメです」と、浅草観光連盟の清水さん。

最近では、外国からの観光客も多くなって、とうろうに各国の言葉で世界平和を祈る言葉なども増えたとか。「夏の風情を楽しむとともに、これを機会に川に親しんでいただければ」(同)

祈りの言葉ととうろうの灯りに彩られた隅田川。彼や友人など、大切な人と一緒に楽しんで。

画像提供:浅草観光連盟