プロジェクションマッピングも!「niko and ... TOKYO」で夏休みを楽しむ企画開催中

写真拡大

夏休みの計画はバッチリ? 2015年8月16日(日)まで、原宿の「niko and ... TOKYO(ニコアンドトーキョー)」で開催されている「SUMMER TIME GOOD TIMES! 夏休みなにしよう?」には、夏にちなんだアイテムやイベントがさまざま揃う。さっそくPR担当の佐久間さんにその内容を詳しく聞いてきた!

このキャンペーンは「SEA」「FOREST」「PLAY」「MUSIC」「TRIP」「STUDY」「COOL」「PHOTO」「SALE」という9つのキーワードに添ったアイテムやイベントを提案しているそう。1階のエントランス付近では「MUSIC」と「COOL」、2階にはそのほかのキーワードのスペースを設けている。店内に入ると、縁日やビーチに遊びに来たかのようなディスプレイに好奇心をかき立てられるはず。

※メイン写真:1階「MUSIC」のブース。音楽フェス「New Acoustic Camp 2015」と連動し、フリスビーやTシャツ、トートバッグなど関連グッズが並ぶ

開催から約2週間でいちばんの人気コーナーは、「COOL」だとか。このスペースでは、老舗の2社、「木村飲料」と「ハタ鉱泉」のラムネと、話題のフルーツ店「フタバフルーツ」のカットフルーツがいただける。

ラムネは約30種類(1本130円〜)が並び、バナナやイチゴなどフレーバー付きのものや、ボトルにこけしやハワイアンなどのデザインをほどこしたものなど、どれも見ているだけで楽しくなるラインナップ。カットフルーツは、パイナップル、キウイ、オレンジなどのジューシーな夏フルーツをベースに、巨峰、メロン、佐藤錦をプラスした「ジャパン」と、ドラゴンフルーツ、マンゴー、ピンクグレープフルーツをプラスした「トロピカル」の2種類(各540円)。

「ラムネは、木村飲料の定番の味わいの『ビーダマンラムネ』(130円)などが特に人気です。個人的には、夏にぴったりの、ハタ鉱泉の『塩スイカラムネ』(150円)がおすすめです」(同) 


同じ1階にある「MUSIC」には、9月12日(土)〜13日(日)の2日間、群馬県で開催される野外音楽フェス「New Acoustic Camp 2015」をテーマにしたブースを設置。こちらではフェスで役立ちそうな関連グッズを販売している。

そして、1階から2階に上がる途中のステップや2階フロアには、LAを拠点に活躍するアーティスト「KATSUO DESIGN(カツヲデザイン)」が書き下ろしたオリジナルアイテム3種類が並んでいるので、要チェック。真夏の空に輝く太陽をイメージしたポップなデザインのTシャツ(3132円)、トートバッグ(4212円)、バンダナ(1620円)は、夏の遊び心をプラスしてくれるアイテムになりそう。


また、2階奥にある「PLAY」のコーナーにも注目。こちらでは、プロジェクションマッピングで人気のクリエイティブカンパニー「NAKED inc.」が手がけるコンテンツが用意されている。親指と人さし指で銃をつくり、デジタル映像の的を狙って「バーンッ!」と叫ぶと射的が楽める「HYPER射的」は、縁日気分を味わせてくれる。1階では、天井から下りてくるスクリーンに花火や万華鏡の映像が約3分間投影される花火大会「Fireworks by NAKED」(実施日程あり)の演出も。いずれも、臨場感あふれる体験型コンテンツで、夏休み気分を満喫できる。

そのほか、サンダルや浮き輪、アウトドア雑貨にハワイアン雑貨、チェキの新作やスマホにつける魚眼レンズなどなど、とにかく暑い夏をアクティブに過ごすためのアイテムが盛りだくさん! きっと夏休み気分を盛り上げてくれるはず。