自律神経の乱れからくる不調……どう対処すればいい?

前回、「そもそもPMSって……?」からお話しました。

今回は「自律神経の乱れからくる不調」についてその対処法をご紹介します!

1、自律神経の乱れによる“イライラ”には……入浴でリラックス&リフレッシュ!

自律神経が乱れ、ストレスも重なって起こるアラサーのイライラは、入浴でリリースを!

「入浴は1日の中でもっともリラックス&リフレッシュできる時間であると同時に、自分のためにかける健康と美容の時間でもあります。夜、お風呂に入るならリラックスできるラベンダーなどの香り、朝派ならリフレッシュできるオレンジなどの香りの入浴剤を取り入れるといいですね。また、生理前は眠りが浅くなりやすいのですが、体の仕組みとして、入浴して体温を上げておくと、下がるときに睡魔がやってくるというのがあるので、シャワーで済ませず、湯船に浸かることがポイントです」

イライラ・怒りっぽいときに! おすすめ4アイテム

1、SABON

死海の塩を主成分とした、お湯の中でしゅわしゅわと泡を出しながらムスクの香りが広がる入浴剤。とろり、柔らかな肌あたりのお湯で芯から温まる。バスボール ムスク \715(サボン ジャパン)

2、YOU IN

エスプレッソコーヒーの表面の泡の“ クレマ”のようなふわふわ微炭酸泡が特徴。肌をとろりと包みこむお湯が心地いい。MOOD PAIRING BATH awai 6包入り\3,380(YOU IN)

3、Santa Maria Novella

「オーデコロン ザクロ」の香りのバスソルト。甘酸っぱさとパウダリーの調和がとれた至福の香りに癒される。バスソルト ザクロ 500g \7,700(サンタ・マリア・ノヴェッラ銀座)

4、Dr Teal's

ラベンダーの香りと温浴効果で眠りに誘う。湯に色がつかないので掃除も楽。薬用 ティールズ フレグランス EPS LV[医薬部外品]1.36kg \1,980(フィッツコーポレーション)

2、自律神経の乱れによる“不安・落ち込み”には……深い眠りで自律神経を整える!

自律神経の乱れにより起こるPMSの症状、不安や落ち込み。質のいい睡眠をとることは、自律神経を整える手助けに。

「睡眠は自律神経の副交感神経が優位になり、体がいちばんリラックスできるタイミングです。そこで睡眠の質を高めるためにオススメなのが、肌触りと通気性のいいパジャマを着て寝ることです。睡眠のスイッチを入れる儀式的な意味合いと、スウェットのようなスタイルに比べて寝返りが打ちやすいので、血流の促進にもなります。眠りに誘う香りを寝室に取り入れてみてもいいですね。寝る直前のスマホは脳を覚醒させ、寝つきを悪くするので、寝る1時間前には見るのをやめましょう」

不安・落ち込みに! おすすめ3アイテム

1、The LADY.

右:日中の活動時はローズマリー&レモンのアロマ。ハッピーデイCBD 8g \3,080、左:ラベンダー&オレンジは夜モードの切り替えに。リラックスナイトCBD 8g \4,180(The LADY.)

2、JO MALONE LONDON

イングリッシュラベンダー、ホワイトムスク、ムーンフラワーが心地よく香るピローミスト。ラベンダー & ムーンフラワー ピローミスト 50mL \7,040(ジョー マローン ロンドン お客様相談室)

3、Foo Tokyo

着る美容液ともいわれる世界最高峰ランクのシルク100%使用。通気性がよく、素肌に吸いつくような着心地。セットアップ シルクパジャマ ピンクベージュ \59,180(ギフトボックス別売)(フートウキョウ)

教えてくれたのは……成城松村クリニック院長 婦人科/日本産科婦人科学会専門医 松村圭子先生

診察の傍ら、雑誌、WEBなどのメディアを通して、女性のからだの問題をわかりやすく説明、対策をアドバイス。歌手・氷室京介の“推し活”効果で、更年期の不調を知らずに過ごす。

illustration_HIROKO ZAMA

text_AYAKO SHIRAKURA

(SPRiNG2024年1月号)

※ 画像・文章の無断転載はご遠慮ください