名店の味をつまみ食いできる!? 1週間限定の「ニホンバシ 桜バル 2015」がスタート

写真拡大

東京も桜の開花宣言がされて心がウキウキしている今、ぜひ訪れてほしいのが昔から風情ある桜の名所であり、大人の遊び場だった日本橋エリア。そんな日本橋では、街バルスタイルでいろんなお店を渡り歩きながら、その店の特別メニューや限定商品を堪能できるお得なイベント「ニホンバシ 桜バル2015」が3月30日〜4月5日の1週間限定で開催される。

街中が桜色にライトアップされている幻想的な雰囲気に誘われつつ、ほろ酔い気分で思う存分食べて、飲んで、楽しんで!◆老舗の味から最旬店まで。気軽につまみ食いできるのが桜バルの魅力


日本橋といえば新しくできた話題のお店だけでなく、歴史ある老舗や名店も数多くあるエリア。その味をちょいちょいつまめちゃうのがこのイベントのいいところ。例えば創業明治22年、文豪志賀直哉も愛した伝統の江戸前鮨が楽しめる「蛇の市」の暖簾も、このチケットがあればくぐれてしまう。ここで味わえるのは江戸前にぎり3貫と、厳選日本酒。塩と酢のみの酢飯を使うことで、魚の味が引き立てた本物の江戸前鮨に舌鼓を打ちつつ、日本酒をくいっと一杯なんて幸せ!

写真)「蛇の市」の江戸前にぎり。ネタは日による


ほかにもオーガニックの食材を使ったイタリアンレストラン「GRIP TAVERN」では、桜マスのマリネ、ドライフルーツとナッツを包んだ鶏もも肉のスモーク、桜モヒートなど季節感たっぷりのメニューを提供。また、富士屋ホテルの味を楽しめるパイ専門店「箱根宮ノ下FUJIYA HOTEL The PIE」では、12cmホームアップルパイがいただけるなど、各店がオリジナリティあふれる限定メニュー展開をしている。

写真)「箱根宮ノ下FUJIYA HOTEL The PIE」のホームアップルパイ

◆まずは3枚綴りのクーポンチケットを購入するところからスタート


「ニホンバシ桜バル 2015」に参加するには、まず「コレド室町1」1階入口またはWEBで事前にチケットを購入しよう。3枚綴りのチケットは、1枚ずつ切り離して使うシステム。コレド室町、コレド日本橋など、6つの商業施設と隣接エリアの計55店舗でこのチケットを1枚出せば、1フード&ドリンクの桜バル特別メニューや、限定商品と交換することができる。

普通にオーダーしたらいくらになるの?っていう商品も、チケットだと気軽にいただけちゃうから嬉しい! 夜桜見物がてら、ふらっと「ニホンバシ 桜バル2015」に訪れてみては?