【ダナン、フエ、ホイアン】3連休で寒さを忘れるベトナムへ“プチリゾート女子旅”♡

写真拡大 (全14枚)

今年は寒波の影響もあり、特に寒く感じる日が多いですね。

こんなに寒いと避寒もしたくなるもの、、。

ということで今回は、3連休でもいける海外旅行編です。ベトナムの都市ダナン、フエ、ホイアン旅行をご紹介します。

ベトナムは年間を通じて気温が30度前後、常夏の国なので、冬でも夏のリゾートを楽しむことが可能です♡

ベトナムってどこにあるの?


画像元:Google Maps


ベトナムは東南アジアの国のひとつで周囲を中国、ラオス、カンボジアに囲まれています。

都心部は東南アジアの中でもかなり栄えていますが、郊外は少数民族もいたりと様々な顔を持っている国でもあります。

首都はホーチミンですが、今回ご紹介するのは、中部のダナンを拠点とするプラン。

頻繁に雨が降るので傘は必須



時差は日本のマイナス2時間。

ダナンは9月〜2月の間が雨季となっていますが、1日中ずっと降ることは少ないです。

ただ、突然降ることがよくあるので、傘は持って行くのがいいですよ。

ベトナム観光のスケジュール(関西発2泊3日)


Google Maps



1日目…関空発(9:15発)→ダナン着(12:00)→.曠ぅ▲鶸儻
2日目…ホイアン→▲漾璽愁鶲篝廣ダナンへ
3日目…ダナン発(14:30)→関空着(21:15)


ベトナム旅行にかかるお金(2泊3日関空発)

飛行機代…3万5000円
宿泊代…1000円(ドミトリー利用2泊)
バス代…エアポートシャトルバス往復の1100円
タクシー代…500円
観光代…1000円

関西空港からジェットスターの格安便が出ており、私は直前にチケットを買ったにも関わらず、往復3万5000円でした!

海外航空券がこんなに安いなら気軽に旅行できますよね♩



また、東南アジア価格で物価がとても安く、私が利用したドミトリーは1泊なんと500円で、とても綺麗なホステルに泊まることができました。

ドミトリーが苦手な方でも個室1泊1000円台から、ちょっと贅沢に過ごしたいという方は2万円台から、5つ星ホテルを予約することができます!

.曠ぅ▲鵑妊ぅ鵐好娠任┐離薀鵐織鵑魎能♡



ホイアンは、街並み自体が世界遺産に登録されているほど歴史的に名高い場所。

ここでは夜の観光が断然おすすめ!

夕暮れ時から、キラキラと輝くランタンが街中でライトアップされはじめるんです♡

それがとても幻想的なんですよ。



またローカルマーケットは、東南アジアの独特な雰囲気を楽しみたい方におすすめですよ♡




===ホイアン===

<アクセス>
ダナン空港からホイアンまで、往復のエアポートシャトルバスが2〜3時間毎に出ています。

<料金>
VND110.000 (約550円)


∪こΠ篁困離漾璽愁鶲篝



ホイアンから東に約40キロ。世界遺産のミーソン遺跡があります。

ラピュタのような景色もきっとインスタ映えしますよ♡



こちらには自力で行くよりも、ホイアンからのツアーに参加した方が安いです!

大体のホテルやホステルにもツアーパッケージがあるのと、現地旅行会社で前日でも申し込みが可能です。

もちろん日本であらかじめインターネット申し込みしておくことも可能ですが、それよりも現地旅行会社での申し込みが断然安い♩


===現地の有名な旅行会社シンツーリスト===

ツアー料金:約800円(移動費、入場料含む)


最後はダナンに戻ってプチリゾートを楽しもう♡



近年、ビーチリゾートとしての発展が進んでいるダナン。

市内にはカフェや雑貨店などもたくさんあります。



市内の「ハンマーケット」というマーケットは早朝からたくさんの人で賑わい、活気がありました!

ぅ廛薀好▲襯侫,妊侫┐砲♡



1日プラスで旅程が取れる方、またはミーソン遺跡に行かない方はフエに行くことも可能です。

こちらはベトナム初の世界遺産で、歴史溢れる都市です。

王宮がとても素敵で、別のベトナムを見ることができますよ♩

寒さを忘れて週末リゾートを楽しもう♡



安くて、安全で、日本からも近いベトナム。旅好き女子にはぜひ一度、足を運んでもらいたい国です。

次の3連休に、ベトナムで“冬のプチリゾート”も考えてみては♡