砂糖使いはもう古い!?  話題の天然甘味料「ネイチャースイートソース」の魅力

写真拡大

糖分といっても、上白糖、ブラウンシュガー、甜菜糖、ココナッツシュガー、人口甘味料などなど、その種類は様々。今、注目されているのが「ネイチャースイートソース」。こちらは、自然な甘みを持った素材をそのまま使用した、天然の甘味料。素材本来の甘みを味わいながら、豊富な栄養素も一緒にとれると、大きな注目を浴びています。自然由来のネイチャースイートソースは、カラダに優しいのはもちろん、砂糖と比べて、低カロリー&低GI。ヘルシー志向の美トレ女子なら絶対に抑えておきたいアイテムです!

今回は、今話題の2つのネイチャースイートソースにフォーカス。その魅力をお届けします。

代表的なネイチャースイートソース

【アップルソース】
ネイチャースイートソースの代表格、「アップルソース」。その名の通り、リンゴからつくられるソース。日本ではあまり馴染みがありませんが、アメリカやイギリスでは、昔から子ども達のお菓子や家庭料理などに使われています。「リンゴジャムと同じでは…」と思われるかもしれませんが、あくまでもアップルソースの材料は、リンゴと水だけ。砂糖は一切入っていません。リンゴをそのまま使っているので、食物繊維やポリフェノール、ビタミンなどの豊富な栄養素を手軽に摂取することができます。

<作り方>
1:リンゴ3個をよく洗って、適当な大きさに切る(芯はぬく)。
2:水50ccと一緒に鍋に入れて、蓋をして弱火で煮込む(リンゴは焦げないように時折まぜる)。
3:リンゴが水分にひたひたになったら蓋を取って弱火でさらに煮込む。
4:30分ほど煮込んで、水分が飛んだところで、リンゴをザルにあけてこす。
5:保存用の瓶につめたら、完成!

【リコリスハニー】
さらに、話題のネイチャースイートソースの「リコリスハニー」。 特に今、熱い視線を注がれているのが、“単一の蜜源由来”シングルオリジナルハニーのリコリスはちみつ。「奇跡の天然はちみつ」といわれる、希少価値の高いアゼルバイジャン産のリコリスハニーが、おいしい上に、カラダにいいと注目を集めています。アゼルバイジャン産のリコリスハニーは、甘草という名でも知られるハーブのリコリスから作られているのが特徴。「甘草」という名の通り、砂糖の数十倍ともいわれる強い甘みを持つリコリス。胃腸の働きを良くするなど、さまざまな効能があります。そんなリコリスのおいしさが、アゼルバイジャン産のリコリスハニーには、ギュッと詰め込まれているのです。

「アップルソース」「リコリスハニー」の他、飲む点滴として大人気の「甘酒」も人気が高まっています。

ぜひ、食卓に摂り入れてみてくださいね!

 

ライター:中村千春