夏の全面開館を前に富山県美術館では無料で入れる施設が一部オープン

写真拡大



富山県立近代美術館が、緑豊かな親水公園の中に移転して「富山県美術館」となり、この夏リニューアルオープンするそう。全面開館を前に、現在では無料で入れる一部の施設がすでに開館中。富山駅前からも徒歩圏内の観光スポットとして、一足先に訪ねてみたい。

◆20世紀美術で有数のコレクションを誇る美術館がアートを楽しむための新しい空間に

昭和56年(1981年)の開館以来、意欲的な活動に取り組んできた富山県立近代美術館が、施設の充実強化のため、緑豊かな富岩(ふがん)運河環水公園西地区に移転。

2017年8月26日(土)のグランドオープンを前に、3階建の建物内にある6つの展示室と屋上以外のすべての施設が3月25日(土)に開館していて、4月29日(土)からは今回のリニューアルの目玉のひとつである屋上部分もオープンする。

今回の移転を伴うリニューアルでは、これまでピカソやミロ、シャガールなど20世紀美術について国内屈指のコレクションを誇ってきた美術館が、より多くの人にアートを体感してもらおうというコンセプトによって生まれ変わったという。例えば、アトリエではさまざまなワークショップを展開したり、アーティストによる滞在型の作品制作なども行う予定とか。



三沢厚彦「Animal 2007-01B ブロンズにウレタン塗装 H290×W120×D160」 (C)富山県美術館

そんな新しい美術館のシンボルとなるのは、等身大の動物彫刻で知られる彫刻家・三沢厚彦さん制作の屋外彫刻。触れることはできないけれど撮影は自由なので、一緒に記念撮影するのも楽しそう。

◆「ふわふわ」「ぐるぐる」などオノマトペ(擬音語)をデザインした遊具のある屋上庭園

4月29日(土)にオープンする屋上庭園には、グラフィックデザイナーの佐藤卓さんがデザインした遊具が置かれている。屋上庭園の名前は、擬音語や擬態語を意味する「オノマトペの屋上」。

これらの遊具には「ふわふわドーム」をはじめ、「ぐるぐる」「ひそひそ」「つるつる」「ぽこぽこ」など、擬音語や擬態語の名前がつけられていて、遊びながら、言葉の感覚を体感できるようになっている。遊具を使い、童心に帰ってオノマトペの世界に遊ぶ休日もたまにはいいかも。



オノマトペの屋上 (C)富山県美術館

◆タッチパネルで拡大できるポスターコレクションや美術館ができるまでの展覧会も

2階と3階には展示室があり、こちらはコレクション展示や企画展を行うスペースなので、現在は準備中。3階の展示室5に面する廊下では、美術館のポスターコレクション1万3000点のうちの3000点を、時間ごとに600点ずつランダムに掲示していて、見たいポスターをタッチパネルで拡大して見ることができるそう。

また、1階のTADギャラリーはアトリエなどで制作した作品の展示をする場所。8月15日(火)ごろまでは、美術館の設計を担当した、内藤廣建築設計事務所の監修で、美術館ができるまでの展覧会も開催中とか。

展示は限られているけれど、無料のスペースで楽しめる工夫もいろいろあるから、下調べを兼ねてこの時期に訪れても見ごたえは十分。



ポスタータッチパネル (C)富山県美術館

◆初の地方出店となる日本橋たいめいけんの看板オムライスも登場。春の富山の新スポットを満喫して

また、1階にはデザイン性に富んだ文具や雑貨を置くミュージアムショップや、富山県産野菜を使ったメニューが味わえるカフェ「Swallow Cafe(スワロウ カフェ)」などもすでにオープン中。

さらに3階では、東京日本橋の老舗洋食店「たいめいけん」が初めての地方出店を果たしたレストラン「日本橋たいめいけん 富山店」も。こちらはNHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」のモデルにもなった名店で、牛肉が入った看板料理の「タンポポオムライス」(1680円)をはじめ、ここだけでしか食べられない富山の食材を使ったオリジナルメニューなどが揃う。



たいめいけん「タンポポオムライス」1680円

フロアからは公園の水と緑が眺められ、遠くには立山連峰も見える抜群のロケーションでいただく老舗の味は旅のおいしい思い出になるはず。全面開館前の美術館という今だけの特別な空間で、春の富山の新スポットを楽しんで。



TEL.076-431-2711
富山県富山市木場町3-20 富山県美術館
アクセス:JR北陸新幹線「富山駅」改札口(富山駅南口)より徒歩20分またはバス7番のりば(富山駅北口・富山県美術館経由)乗車で「富山県美術館」下車すぐ、あいの風とやま鉄道「富山駅」北口より徒歩15分、またはバス1番のりば(富山県美術館経由)乗車で「富山県美術館」下車すぐ

開館予定
2017年4月29日(土):屋上庭園「オノマトペの屋上」開園
2017年8月26日(土):全面開館
開館時間/美術館:9:30〜18:00(最終入館17:30) 屋上庭園オノマトペの屋上:8:00〜22:00(最終入館21:30)
休館日/美術館:水曜休(祝日除く)・祝の翌日休・年末年始 屋上庭園オノマトペの屋上:12月1日〜3月15日
日本橋たいめいけん富山店
メニュー:「タンポポオムライス」1680円 ほか

画像 (C)富山県美術館

NAOKO YOSHIDA (はちどり)



今年のゴールデンウィークは最大9日間、この長期休暇をどんな風に過ごしますか? 

読者アンケートからわかったのは、今年は休暇を賢く分割。帰ふらりと町を歩き、プチ旅を楽しみ、おうちでリラックスタイムも楽しむ、組み合わせ技で「気ままな休日」を過ごす人が多数。そこで編集部は、「町」と「旅」をテーマに総力取材。美術展、花やアウトドアのイベント、温泉、グルメなどGWをちょっと素敵にする体験をご提案!