ユナイテッド・シネマお台場で「爆音映画祭」キャッツ、ボヘミアン・ラプソディなど爆音上映

写真拡大

「爆音映画祭 in ユナイテッド・シネマアクアシティお台場」が、2020年2月5日(水)から2月11日(火・祝)まで、東京・お台場のユナイテッド・シネマアクアシティお台場にて開催される。

「爆音映画祭」8度目のお台場開催

2004年にスタートした「爆音映画祭」は、映画館にライブ・コンサート向けの大規模かつ高品質な音響機器をセッティングし、文字通り爆音かつ高品質な音と共に映画を上映するイベント。これまで全国各地で企画されているが、ユナイテッド・シネマアクアシティお台場では2019年10月に続く8度目の開催となる。

ミュージカルの名作を映画化『キャッツ』が初登場

今回は、映画『キャッツ』が初登場。世界累計観客動員数8100万人を記録する大ヒットミュージカルを映画化した話題作だ。壮大なスケールで描かれるミュージカルの世界観を、爆音で楽しめる。

レディー・ガガの『アリー/スター誕生』、『ボヘミアン・ラプソディ』

また、レディー・ガガが初主演を務めた『アリー/スター誕生』も初登場。さらに、『ボヘミアン・ラプソディ』や『グレイテスト・ショーマン』『バーレスク』『ブルース・ブラザース』など、音楽をテーマにした名曲揃いの映画の数々を高品質な音響で上映する。

ライブさながらの上映やシークレット作品も

その他、『ジョン・ウィック:パラベラム』『プロメア』といった作品が登場。『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』は全回ライブのように楽しめる“マジLOVEライブ上映”で上映される。また、“爆音の醍醐味”を凝縮したシークレット作品にも注目だ。

迫力あるシーンはよりダイナミックに、緊張感あるシーンはよりきめ細やかに

新旧織り交ぜた上映作品は、仕掛け人の樋口泰人が「これぞ“爆音”で堪能してほしいと」と考えるこだわりのセレクション。各上映作品には、迫力のあるシーンはよりダイナミックに、緊張感のあるシーンはよりきめ細やかになるよう、それぞれに適した音響調整がなされており、ベストな音響環境で作品が堪能出来るという。

開催概要

「爆音映画祭 in ユナイテッド・シネマアクアシティお台場」
開催期間:2020年2月5日(水)〜2月11日(火・祝)
開催場所:ユナイテッド・シネマアクアシティお台場
住所:東京都港区台場1-7-1 アクアシティお台場内

<チケット>
料金:爆音上映 2,000円(税込)、マジLOVEライブ上映 2,000円(税込)、爆音絶叫上映/爆音応炎上映 2,200円(税込)
発売日:
・ユナイテッド・シネマアクアシティお台場WEB販売
1月15日(水) AM0:00〜(http://www.unitedcinemas.jp/bakuon/)にて販売
・ユナイテッド・シネマアクアシティお台場劇場窓口販売
1月15日(水) 劇場営業開始時間9:00より(但し各回、残席がある場合のみ)

キャッツ[初]、アリー/スター誕生[初]、ボヘミアン・ラプソディ、グレイテスト・ショーマン、バーレスク、ブルース・ブラザース、ジョン・ウィック:パラベラム、T-34 レジェンド・オブ・ウォー[初]、ガールズ&パンツァー 劇場版、プロメア、劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジ LOVE キングダム、シークレット作品[初/シークレット作品につき、タイトル非公表]
[写真付きで読む]ユナイテッド・シネマお台場で「爆音映画祭」キャッツ、ボヘミアン・ラプソディなど爆音上映

外部サイト

  • 映画『ロケットマン』伝説的ミュージシャン”エルトン・ジョン”の半生を描く、タロン・エガートン主演
  • 映画「007」最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』主演ダニエル・クレイグ、ラミ・マレックも参戦
  • 「トーキョーノーザンライツフェスティバル 2020」北欧映画19作品を渋谷で、劇場初公開作品も