アーティスト舘鼻則孝の展覧会が銀座で ー 伝統工芸技術を駆使した作品集結、漆調の溜塗で仕上げた煙管など

写真拡大

アーティスト舘鼻則孝の展覧会「―NORITAKA TATEHANA RETHINK―THEORY OF THE ELEMENTS」が、2018年10月3日(水)から14日(日)まで、東京・銀座のBasement GINZAにて開催される。

アーティスト舘鼻則孝とは?

レディー・ガガへ提供した「ヒールレスシューズ」の作者として知られる舘鼻則孝は、日本の伝統美を世界に向けて発信しているアーティスト。その作品の数々は、ニューヨークのメトロポリタン美術館やロンドンのヴィクトリア&アルバート博物館といった、世界の著名な美術館に永久収蔵されている。

日本各地の伝統工芸技術を駆使した作品が集結

2018年9月に開催された、“香りの日本文化”にフォーカスした展覧会「NORITAKA TATEHANA RETHINKー舘鼻則孝と香りの日本文化ー」に続く本展では、日本各地の伝統工芸士との創作活動の中で生まれた作品の数々を展示。また代表作である「ヒールレスシューズ」はもちろん、前回のテーマを踏襲した作品群も公開される。

遊女の煙管からインスピレーションを得た「THEORY OF THE ELEMENTS」

注目は、鮑貝を用いた螺鈿細工と漆調の溜塗によって仕上げられた「THEORY OF THE ELEMENTS」。遊女の煙管からインスピレーションを得たというこの作品は、舘鼻則孝の創作活動のプロセスである“RETHINK”と、煙や匂いが気にならないJTの加熱式たばこ「Ploom TECH」の新発想が共鳴して誕生したという。美しい光沢を放つ「THEORY OF THE ELEMENTS」を人々が実際に手に取ることで、日本文化とたばこ文化を“RETHINK”するきっかけとなることを目指す。

ほかにも会場には、富山県高岡の螺鈿細工や石川県輪島の蒔絵技法など、産地に根付いた伝統工芸技術を駆使した作品の数々を展示。また会期中には、舘鼻則孝が登壇する「アーティスト・トーク」も実施される。

【詳細】
「―NORITAKA TATEHANA RETHINK―THEORY OF THE ELEMENTS」
会期:2018年10月3日(水)〜14日(日)11:00〜21:00
場所:Basement GINZA
住所:東京都中央区銀座4丁目3-5銀座AHビル Ploom Shop 銀座店 B1F
入場料:無料

■アーティスト・トーク
日時/登壇者:
・2018年10月12日(金)19:00〜20:00/舘鼻則孝
・10月13日(土)14:00〜15:00/舘鼻則孝×立川裕大
・10月13日(土)19:00〜20:00/舘鼻則孝×立川裕大
[写真付きで読む]アーティスト舘鼻則孝の展覧会が銀座で ー 伝統工芸技術を駆使した作品集結、漆調の溜塗で仕上げた煙管など

外部サイト

  • 「モダン美人誕生−岡田三郎助と近代のよそおい」ポーラ美術館で、変遷する“美人”に迫る約200点の資料
  • 「北斎の橋 すみだの橋」すみだ北斎美術館で開催 - 北斎や門人が描いた浮世絵の“橋”に着目
  • 展覧会「イサム・ノグチと岡本太郎 ―越境者たちの日本―」川崎で、2人の作品など約150点が集結