起床時たった10秒!ほっそり腹筋をつくる「ちょい美トレ」

写真拡大

一日の始まりである朝、毎朝の起床時にたった10秒間だけちょっと頑張るだけでお腹が締まってきて、体が変わってくるとしたら、何だか挑戦したくなりませんか?

そこで今回は健康づくりのプロである筆者が、忙しくて時間のないあなたにオススメする、起床時のたった10秒で変わる!ほっそり腹筋を作るちょい美トレをご紹介します。

足上げクランチで10秒間キープ!

(1)息を吸いながら、両脚を真上に上げていきます。

※ ポイント・注意点

脚を上げる際、腰に負担がかからないようにするために、手をお尻の横に添えながら軽く両ひざを曲げ、両脚をゆっくりと上に上げていきましょう。特に腰痛持ちの方や冬場は気を付けて行いましょう。

10秒腹筋セット

(2)息を吐きながら、両手を上に上げて足先方向へ伸ばしながら、肩甲骨あたりから上体を起こしていきます。

(3)そのままの姿勢を保ちながら10秒間キープしていきます。その間息を吐き続けていきましょう。

※ ポイント・注意点

体勢をキープする場合、つい息まで止めてしまいがちになりますが、決して止めないようにしましょう。

上体を起こすときに頚椎に負担がかかってしまわないよう、首が反らないように気を付けましょう。

顎を引き首筋を立てて上体を起こしていきましょう。目線を足先に向けるとよいでしょう。

10秒腹筋

上級者向け

慣れてきたら10秒間キープ×2〜3セット実施、またはキープ時間を20〜30秒にして行ってみましょう。

※ ポイント・注意点

くれぐれも息を止めないようにしましょう。息を止めてしまうと血圧が上がってしまいます。朝の寝起き時のため特に無理は禁物!十分気を付けましょう。

いかがでしたか? 今回は起床時のたった10秒で変わる!ほっそり腹筋を作るちょい美トレをご紹介しました。

エッ!? たったこれだけ? 

そうです、たったこれだけですよ。しかも10秒間だけ。でもこれが実際やってみると結構効くのです、寝起きの10秒の有効活用で体が変わる。ぜひとチャレンジしてみて下さい。

【画像】

※ AnemStyle / shutetrstock

【筆者略歴】

小川りょう

25年のキャリアを持つ健康づくり指導者。外資系ホテルトレーナーを経て独立。エビデンスに基づく情報提供と、現場経験で培った指導スキルで、成人〜後期高齢者に至るまで対応、幅広い世代の顧客を持つ。気取らない人柄と自然体の指導が特徴。コンセプトは健康寿命の延伸であり、足腰運動スクワットの専門家。早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士号。著書に「ココロ・カラダ塾」(幻冬舎ルネッサンス)。