どうでもよすぎてイラッ!女友達の【マウントLINE4選】

写真拡大

人間なら誰しも他人より優位に立ちたい願望を持っています。
大人女子も例外ではなく、つい無意識に女友達にマウントしてしまうことも!
そこで今回は女友達の【マウントLINE】を4つ紹介します。

■「それ昔持ってた!」

頑張って買ったものをLINEで報告したら「それ私も昔持ってた!」なんて返信されたことありませんか?
これは「私の方が先に買ってたし」とか「あなたは時代遅れ」というマウントが見え隠れしています。
いつどこで何をいいと思うか、感性は人それぞれなので気にしないのが一番でしょう。

■「彼氏が束縛してくるの!」

女友達をランチや飲み会に誘ったら「彼氏が何があるかわからないからって行かせてくれないの〜」と断られた経験ありませんか?
一見すると彼氏に束縛される可哀想な女友達のように見えますが「彼氏に愛されまくってる私羨ましいでしょ!」というのが本音です。
こういった女友達は他の人にも同じようなLINEをしているので、いずれ孤立するのは時間の問題でしょう。

■「自撮り上手いよね〜!」

「○○ちゃんて自撮り上手いよね〜!」という褒めているかのようなLINEも、実際はちっとも褒めていません。
「カメラアプリで加工するの上手いよね」ということなので、あなたの容姿を褒めているわけではないのです。
どちらかというと貶している場合が多いので、軽くスルーするのが吉です。

■「メイクしたら可愛いのに!」

普段がっつりメイクしている女友達から「ちゃんとメイクしたら可愛いのに!」とLINEで言われることもあるようです。
これは「メイク下手だよね」とか「あなたってブスだよね」というマウント発言とも受け取れます。
どれくらいメイクをするかは個人の自由ですので、あまりにしつこいようなら距離を置くようにしましょう。

言った本人に自覚はなくても、受け取り方次第ではどんなメッセージもマウントのように聞こえてしまうこともあります。
女友達と良好な関係を築きたいなら「これマウント?」とすぐネガティブな考えになるのではなく、自分にとって都合のいいように解釈する癖をつけるとよいでしょう。

(ハウコレ編集部)