便秘で悩む人にお勧めのヨガ「コブラのポーズ」

写真拡大

ヨガのポーズには、胃腸を刺激してその機能を改善させるメリットが期待できるポーズがたくさんあります。今回はその中でも簡単に実践できて便秘に悩む人にもお勧めのポーズを、ヨガインストラクターの筆者がご紹介したいと思います。

コブラのポーズ:お腹を伸ばして、胃腸を刺激する

コブラのポーズは、お腹周りをしっかりと伸ばすように体を反らすので、胃腸を刺激することができ、便秘を改善するポーズとしてよく知られています。

(1)うつ伏せになって足の幅を腰幅に開き、踵を天井へ向けます。手は脇を締めた状態で胸の横あたりに置きましょう。

画像:上村 由夏

(2)息を吸いながら頭を起こし、背骨を引き上げていきます。

(3)次に上半身を起こしていき、自然と腕で支える必要がある位置まできたら、肩が上がらないように注意しながら腕の力で上半身を起こした姿勢を支えます。

画像:上村 由夏

 (4)背中側を反らす意識ではなく、お腹側を伸ばす意識でポーズをキープしましょう。ゆっくりと深い呼吸で、お腹を呼吸の動きによって伸縮させます。そのまま10呼吸ほどキープします。このとき足が開いていかないよう、かかとを天井に向けた状態にしておきましょう。

(5)終えたら状態を戻し、楽な姿勢で休みます。

いかがでしたか? コブラのポーズは上体を起こしたときに肩が上がり、首がすくむような姿勢にしてしまうと、お腹が伸びないので注意しましょう。しっかりとみぞおちから腹部が伸びる位置でポーズを取ることが大切です。

【画像】

※ 上村 由夏

【衣装提供】

NERGY

【筆者略歴】

上村 由夏

「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。