©Charie FURUSHO_Scoot機影

シンガポール・チャンギ国際空港を拠点に、世界8か国18都市に就航している長中距離LCC「Scoot(スクート)」が、2016年7月21日より成田発、バンコク(ドンムアン空港)経由のシンガポール路線を新規開設する。

 

定期便増設でアジアへのアクセスがますます便利に


B787_Scootエコノミー(Stretch+Superシート)©Scoot

スクートは現在、成田発、台北(桃園空港)経由のシンガポール路線をデイリーで就航しているため、シンガポールへの定期便は週14便のダブルデイリーになる予定。既存の関西発、台湾(高雄空港)経由ならびにタイ(バンコク)経由のシンガポール線の6便を加えると、週に合計20便就航することになる。10月からは、新千歳発、台北経由のシンガポール線も開設予定。

LCCでは世界初となる、ボーイング最新旅客機787を全路線に導入しているスクート。今回の増便で、日本からシンガポールへのアクセスはもちろん、アジアの複数都市を巡る周遊旅行の選択肢も広がる。更に、各国からのインバウンドの運輸増加も期待できそう。

 

お得な就航記念キャンペーン開催中


今回の増便に伴い、スクートではお得な航空券を期間限定販売。夏の旅行を前にぜひチェックしたい!
 
【就航記念期間限定価格】
■成田=バンコク 片道9,600円より(スクートビズ18,600円より)
■成田=シンガポール 片道11,500円より(スクートビズ21,500円より)
※価格はすべて税込

販売期間は、日本時間の2016年5月24日(火)23時59分まで。その他の路線でもお得なキャンペーンを実施中。

予約などの詳細はホームページやFacebook (https://www.facebook.com/FlyScootJP/?brand_redir=195291693863700) をチェックしよう。