JR両国駅に新施設「‐両国‐ 江戸NOREN」16年11月下旬誕生、12の飲食店が江戸の食文化を発信

写真拡大

新複合飲食施設「‐両国‐ 江戸NOREN」が、2016年11月下旬JR両国駅に誕生する。

[ この記事の画像をもっと見る ]

「‐両国‐ 江戸NOREN」のコンセプトは「粋な江戸の食文化を楽しむ」。12の飲食店が軒を連ね、味・素材・料理人にこだわった和食を提案していく。

館内は江戸の町屋を意識し、開放的な吹抜けを設置。また外観は、1929年に建造された歴史ある両国旧駅舎を全面リニュアール。面影や懐かしさを活かしたまま、直線とアーチ型にデザインされた3つの大きな窓、中央に配した駅時計をポイントに、新たなデザインに生まれ変わる。

施設では、江戸にまつわるイベントや催事を展開予定。「すみだ北斎美術館」のオープンなど、新しいニュースが飛び交う両国周辺。今後も目が離せない、注目のスポットとなりそうだ。

【詳細】
-両国- 江戸NOREN
オープン時期:2016年11月下旬
住所:東京都墨田区横網1丁目3-20
面積:約2,900 2階建