映画『ラストレター』松たか子主演×岩井俊二監督、手紙の行き違いで始まった淡いラブストーリー

写真拡大

映画『ラストレター』が、2020年1月17日(金)に公開。主演・松たか子×岩井俊二監督。

岩井俊二監督の描く、世代を超えた淡いラブストーリー

映画『ラストレター』は、『花とアリス』『Love Letter』『四月物語』の岩井俊二監督によるオリジナルストーリー。20年以上ものキャリアの中で、その時代を切り取りながら様々な愛の形を表現してきた岩井が、初めて地元・宮城を舞台にしたラブストーリーを描く。“小さな嘘と手紙の行き違い”をきっかけに、<過去と現在>、2つの世代を通して紡がれる淡く切ない恋の物語が始まる。

松たか子主演、広瀬すず×福山雅治×神木隆之介が共演

物語を彩るのは、日本を代表する豪華キャストたち。

主演を務めるのは、自身初主演の映画『四月物語』以来約21年ぶりに岩井監督とタッグを組む松たか子。姉の死をきっかけに再会した初恋相手に対して、“姉のふり”をして不思議な文通を通わすことになる岸辺野裕里役を演じる。

裕里(松たか子)の姉・未咲の高校生時代と、未咲の娘にあたる遠野鮎美の1人2役を演じるのは、広瀬すず。また学生時代に好きだった未咲だと信じながら、裕里と文通を始めることになる乙坂鏡史郎役を福山雅治、その高校生時代役を神木隆之介が務める。

森七菜や庵野秀明も出演

そのほかキャストには、『天気の子』でヒロインを務めた森七菜をはじめ、『シン・エヴァンゲリオン』シリーズなど数々の名作を世に送り出してきた庵野秀明、歌手として活動する水越けいこ、小室等など、マルチな分野で活躍するユニークな顔ぶれが勢ぞろい。

そして、松たか子演じる裕里と庵野秀明演じる・宗次郎の息子・岸辺野瑛斗役として、Dragon Ash降谷建志と女優・MEGUMIの長男・降谷凪が起用され、本作で俳優デビューを果たす。

さらに95年の岩井監督映画『Love Letter』で共演した中山美穂と豊川悦司が、再び岩井作品に出演する。

森七菜が、本作の主題歌で歌手デビュー

なお主題歌「カエルノウタ」を歌うのは、『ラブレター』に出演する新人女優の森七菜。森は、本作で歌手デビューを飾る。

【詳細】
映画『ラストレター』
公開日:2020年1月17日(金)
監督・原作・脚本・編集:岩井俊二
音楽:小林武史
キャスト:松たか子、広瀬すず、庵野秀明、森七菜、小室等、水越けいこ、木内みどり、鈴木慶一、豊川悦司、中山美穂、神木隆之介、福山雅治
配給:東宝

<あらすじ>
裕里の姉の未咲が、亡くなった。裕里は葬儀の場で、未咲の面影を残す娘の鮎美から、未咲宛ての同窓会の案内と、未咲が鮎美に残した手紙の存在を告げられる。未咲の死を知らせるために行った同窓会で、学校のヒロインだった姉と勘違いされてしまう裕里。そしてその場で、初恋の相手・鏡史郎と再会することに。

勘違いから始まった、裕里と鏡史郎の不思議な文通。裕里は、未咲のふりをして、手紙を書き続ける。その内のひとつの手紙が鮎美に届いてしまったことで、鮎美は鏡史郎と未咲、そして裕里の学生時代の淡い初恋の思い出を辿りだす。
ひょんなことから彼らを繋いだ手紙は、未咲の死の真相、そして過去と現在、心に蓋をしてきたそれぞれの初恋の想いを、時を超えて動かしていく―――
[写真付きで読む]映画『ラストレター』松たか子主演×岩井俊二監督、手紙の行き違いで始まった淡いラブストーリー

外部サイト

  • 田中圭主演の恋愛映画『mellow(メロウ)』お洒落な花屋&廃業寸前のラーメン屋が舞台に
  • 2020年「実写化映画」の注目作はコレ!人気コミックや小説が原作、ハリウッド版作品も
  • 映画『Red』直木賞作家・島本理生の“問題作”を実写化、夏帆×妻夫木聡がくり広げる禁断の恋愛