【先行予約受付中】FIGVIPERのMA-1はビッグとショートの2パターン、4カラバリ展開!

写真拡大 (全7枚)

白石ユキの同名人気コミックを実写映画化した『あのコの、トリコ。』が、10/5(金)より全国ロードショー!
公開に先駆け開催された、最速試写会イベントへ行ってきました☆

吉沢亮単独の舞台挨拶にファン歓喜!!

9/13(木)に行われた、「映画『あのコの、トリコ。』あなたを“トリコ”にします!最速試写会」。

主演の吉沢亮が登壇する特別イベントということで、90名限定でファンが集結!
吉沢亮さんが登場すると、あふれんばかりの黄色い歓声が♡♡♡

とにかく距離がとーっても近く、ファンも大興奮! 中には涙する子も。
映画の舞台挨拶に1人で登壇することは珍しく、吉沢さんも「みなさんのひそひそ声がめっちゃ聞こえる!」とびっくりした様子。「1人だと楽。今日は楽しめそうです」とリラックスした表情でイベントがスタート!

今作は、地味で冴えないメガネ男子・頼(吉沢亮)が、大好きな雫(新木優子)のために、かっこよく変わっていく様と、頼、雫、昴(杉野遥亮)の幼なじみ3人が恋と夢を追いかけるというストーリー。

モテなさそうな、冴えないメガネ男子なんて、自身とはかけ離れた役なのでは?と聞かれると、「全然モテないですよ。僕にキラキラ要素なんてないので」との発言が。会場からは、いやいや〜と言わんばかりの半笑い!
でも「プライベートも地味な男なので、内気で根暗な役のほうが、僕は演じやすくて楽しかったです!」と、意外にも役柄との共通点を告白。

吉沢亮とのデートを疑似体験できる?♡

雫との“江ノ島デート”の撮影はとてもおもしろかったという吉沢さん。
2人っきりでカメラを回して撮影したというシーンを振り返り「やばいですよね (笑)!」と、スキャンダルになってもおかしくないシチュエーションだったんだとか!!

スタッフさんたちはカメラに映り込まないように、かなり離れた場所から2人の撮影を見守っていたそうで、だからこそ「素の状態でできたというか、演技ってことを忘れて楽しんでましたね!」と。
かなりリアルなデートシーンは、要チェックですよ♡

いま“トリコ”になっているのは…猫の動画!?

映画のタイトルにちなんで、いま吉沢さんがトリコになっているものは?と聞かれると、「お笑い芸人さんの動画をよく見ます。最近ハマっている芸人さんは“トンツカタン”さん」。

一瞬、会場はシーン…。ファンの中で知っている人はたった3人しかおらず、「嘘でしょ!」と驚きを隠せない様子。

「トリオでコントをされていて、めちゃくちゃシュールでありつつキャラクターが面白くて…」と熱く語り始めると、スタッフから、ラブストーリー映画なので、他の答えはないですか?とムチャぶりが…。

「ね、わかるでしょ? 僕が爽やかじゃないって(笑)」と困った吉沢さん。何のトリコになってたら可愛いと思われるのか、ファンに助けを求めると、「カワウソ!」というアドバイスが。

「あ〜、動物系ね!……いや〜すごい最近猫の動画見てて〜、もうほんとに可愛いんですよ〜。すごい癒されてて〜、休憩中ずっと見てる! 猫、可愛いっ!!」と、超“猫を被った”コメントに、会場のファンは爆笑!
でも「…大丈夫かな〜、怒られそうだな(笑)」と、ふと我に返り心配していました。

笑顔の絶えない、ファンとのフォトセッションも!

吉沢さんとのフォトセッションで、ファンのボルテージはMAXに♡♡♡
みんなが映るようにと、めいっぱい手を伸ばして撮影していた吉沢さん。さすが王子、優しさがあふれ出てました!!

こうして終始大盛り上がりのトークイベントは終了。
この後、ひと足先に映画試写を楽しんだファンのみなさんは、キュンキュンした時間にとっても満足気な表情でした♡

10/5(金)の映画公開が待ち遠しい〜!
みなさんぜひ劇場で、『あのコの、トリコ。』楽しんでください☆

撮影/星 麻子
INFORMATION
地味で冴えない男子高校生・鈴木 頼は、東京の高校に転入し、幼なじみで初恋の“あのコ”立花 雫と再会。女優を目指しかんばる雫にあらためて恋をした頼は、あるきっかけから、雫の付き人に。ランジェリー広告の撮影当日、共演するはずだった人気俳優の東條 昴がアクシデントで帰ってしまい、雫は降板させられそうになる。そんな雫を助けるために頼はなんと昴の代役を引き受ける。そして、この広告が話題となり、頼と雫、昴の未来を変えていく―。
幼い頃、一緒に映画に出ようと夢を誓いあった3人。恋と夢が複雑に絡み合う、彼らの想いの行方は……?