三鷹の森ジブリ美術館「手描き、ひらめき、おもいつき」展、宮崎駿の絵やメモで振り返る展示や建物の構想

写真拡大

東京・三鷹の森ジブリ美術館の企画展「手描き、ひらめき、おもいつき」展が、2019年11月16日(土)から2021年5月まで開催される。

宮崎駿の絵やメモで振り返る「三鷹の森ジブリ美術館」

「手描き、ひらめき、おもいつき」展は、今まで三鷹の森ジブリ美術館で行われてきた企画展示や、三鷹の森ジブリ美術館設立に至る経緯、建物の構想などを、第一室と第二室の2つスペースで明らかにする展示。三鷹の森ジブリ美術館という建物を建て、展示物をコツコツと作ってきたその作業内容を、宮崎駿監督自身の描いた絵や文章を中心とする約640点の膨大な数の資料と共に紹介する。

第一室 - 企画展の構想やスケッチ

第一室では、第1回目の企画展示『千と千尋の神隠し』をはじめ、宮崎駿が携わった企画展示について紹介。どのようにして企画が生まれ、何を考えて修正し、伝えたいものに近づけていったのか、という創作のプロセスに、当時描かれた企画書やスケッチなどの資料を通して迫っていく。

展示物制作への力の入れ方は様々だが、宮崎監督が自身の伝えたいことを形にする際には、主に下記の4つの傾向があるという。

1.“展示内容”や“展示したい物”が頭の中で確立している時は、イメージボードにてその詳細を丹念に描き、展示スタッフに制作の指示を出す。

2.“企画のテーマ”の内容や伝え方が難しいものは、思考の過程が伝わりやすい、漫画にて表現する。

3.“言葉での表現”が最も伝わりやすい時には、執拗に言葉を紡ぐ。

4.“補足”につけるイラスト1枚においても、面白さを追求した絵を描く。

例えば2002年の企画展示「天空の城ラピュタと空想科学の機械達展」は、宮崎監督自らが『天空の城ラピュタ』という映画を生んだ“発想の原点”を披露したものとなったが、その中では、映画に登場させた乗り物や炭鉱の町で起こった追撃騒動、空に浮かぶラピュタなどのイラストを新たに作り、さらには短編の映画までをも作って解説している。

その中でも宮崎監督が特に興味を注いだのが乗り物だろう。19世紀のイギリスで蒸気機関の発明と共に生まれた初期のSF小説を愛する宮崎監督は、その中に登場する“生き物”の雰囲気を残した珍妙奇妙な乗り物に多大な影響を受けているという。前述の傾向では「1」に該当するものだが、この展示において宮崎監督は、自身の“空想の力”で作り出した乗り物や機械達を、緻密なイラストに描きおこしている。

第二室 - 美術館創設の経緯やアイディア

一方の第二室では、スタジオジブリが美術館を作ろうと思い立った経緯や、アイデアが描きとめられたイメージボードを展示。中でも特に注目したい展示物は、完成したジブリ美術館の作りが一眼でわかる立体模型だ。

その立体模型の周りには、美術館の設計図面にまで修正を入れる宮崎駿の「建物」への思い入れが見て取れる図面や、構想段階のイメージボード、各展示エリアのアイディアを描いた資料などが展示されており、その姿を比較しながら見ることができる。

その資料の数々は、何度も何度も試行錯誤を重ねたものから、一瞬の“ひらめき”や、ふとした“おもいつき”で生み出されたものまで様々だ。純粋に“おもしろいもの”、“人々の喜ぶ笑顔”を追求する宮崎監督の創作における楽しさはもちろん、その苦悩までをも感じ取れるような展示内容となっている。

開催概要

「手描き、ひらめき、おもいつき」展 〜ジブリの森のスケッチブックから〜
会期:2019年11月16日(土)〜2021年5月(予定)
場所:三鷹の森ジブリ美術館
住所:東京都三鷹市下連雀1-1-83
入場方法:日時指定予約制(10:00〜/12:00〜/14:00〜/16:00〜)
※2019年11月入場分のチケットは、10月10日(木)より全国ローソンにて発売。
入場料金:大人・大学生 1,000円、中高生 700円、小学生 400円、幼児(4歳以上) 100円
チケット予約TEL:0570-084-003(24時間・各入場時間まで受付・自動音声対応)
※Lコード が必要。 ※一部携帯・PHS等は使用不可。
※チケット発売初日のみ特別電話予約TEL:0570-084-633(受付時間:10:00〜23:59)

【問い合わせ先】
TEL:0570-055777(9:00〜18:00/休館日は休み)

【チケットに関する問い合わせ先】
TEL:0570-000-777(10:00〜20:00・オペレーター対応)
[写真付きで読む]三鷹の森ジブリ美術館「手描き、ひらめき、おもいつき」展、宮崎駿の絵やメモで振り返る展示や建物の構想

外部サイト

  • 「奇蹟の芸術都市 バルセロナ展」静岡・東京で、ダリやガウディなど作品約150点が集結
  • 特別展「ハマスホイとデンマーク絵画」東京・山口で、デンマークを代表する画家の絵画約40点が集結
  • 「STARS展」六本木・森美術館で - 草間彌生や村上隆など“現代美術のスター”6人の初期〜最新作