物語の世界をイメージ!恵比寿に「ピーターラビット(TM)ハッピーガーデン 2016」登場

写真拡大

イギリスの絵本「ピーターラビットシリーズ」は、かわいらしい動物のキャラクターと豊かな自然の描写で世界中の人に愛されている物語。今年は、作者であるベアトリクス・ポターが生誕150年を迎えるという。

そんなアニバーサリーイヤーに、彼女が愛したイギリス・湖水地方の川と橋をイメージした春のガーデンが登場。ピーターラビットの絵本の世界に迷い込んだような、ファンタジックな時間を過ごしに出かけてみない?

2016年4月20日(水)から5月31日(火)まで、恵比寿ガーデンプレイスの時計広場では、「ピーターラビット(TM)ハッピーガーデン 2016」を開催する。会場には、絵本シリーズの『こぶたのピグリンブランドのおはなし』や『こねこのトムのおはなし』などに登場する印象的なシーンを思わせる演出が、あちらこちらで見られる。

「今回は花を川に見立てた“花の川”が出現します。その川に掛かる橋は、実際に渡れますので、庭の中心に立ってゆっくり鑑賞したり、撮影も楽しんでいただけます」と、広報担当者さん。

期間中は、「ピーターラビット」スタンプラリーも開催されていて、恵比寿ガーデンプレイス内の4ヵ所に設置されたスタンプ台を見つけて、すべてのスタンプを集めると、先着3000名に「オリジナルシール」がプレゼントされるとか。ゴールとなる受付場所は、「恵比寿三越」1Fアトリウム。時計広場にも設置されているので、美しいガーデンを巡りながらスタンプ台にも注目を。

写真好きの女子には、恵比寿ガーデンプレイスの公式HPで行っている「ハッピーガーデン フォトギャラリー」がおすすめ。ガーデンの様子を撮影した写真をInstagram(インスタグラム)で「#ygp_garden」のハッシュタグを付けて投稿し、公式アカウント「ygp_garden_campaign」をフォローすると、抽選で5名に「YEBISU GARDEN CINEMA(恵比寿ガーデンシネマ)ペアチケット」が当たるそう。

さらに、5月3日(火・祝)、5日(木・祝)、7日(土)、8日(日)は、13時からと15時から、「ピーターラビット」が登場するグリーティングも行われる。「恵比寿三越」1階のアトリウムからスタートして30分ほど滞在するので、見かけたら一緒に記念写真を撮ってもらおう。

◆併設のカフェでは絵本にちなんだオリジナルメニューも


期間中は、時計広場に併設カフェ「ねこのリビーのお店 リビーズキッチン」も登場して、ピーターラビットの世界にちなんだオリジナルメニューがいただける。

例えば、「ピーターラビット(TM)のパンケーキ」(700円)は、ピーターラビットのシルエットが描かれたパンケーキをラズベリーソースで。ほかにも、こねこの肉球みたいなソーセージがかわいい「こねこのトムのいたずらカレー」800円など、キャラクターにまつわるメニューが並ぶ。

なお、イベント終了翌日の6月1日(水)には、ガーデンで使用した花を来場者にプレゼントする「ハッピーガーデン グリーンプレゼント」も。10時から12時の間に、1人1株で先着300名に配るそうなので、ハッピーガーデンを自宅でも楽しみたいなら要チェック。

ピーターラビットのファンはもちろん、湖水地方の美しい自然を思わせる緑豊かなガーデンで、絵本の世界を感じてみては。