クセのない滑らかで濃厚な舌触り…
極上な「白レバー」が堪能できるバル&ダイニング2選

レバーは、お好きですか?独特の風味と舌触りにファンも多いレバーですが、それが苦手な人も少なくないハズ…しかし!「白レバー」は、そんなクセもなく更に濃厚な味わいが特徴です。お酒のアテにもぴったりな「白レバー」が堪能できるお店を2店ご紹介します。

イタリアンと日本酒の相性に感動〈Firenze Sake Tokyo〉/三軒茶屋

狷本酒で世界をつなぐ瓩鮃膰斥佞法日本酒&イタリア料理を楽しめるバル。さりげなく旬の食材を生かした花房恵悟シェフによる大人のイタリア料理が、選りすぐりの日本酒と驚くほど自然に溶け合う。

鶏白レバーのコンフ680円、水牛モッツァレラとフルーツトマトのスープ仕立て1,180円。日本酒「秋純吟ポルチニ」1杯600円。

(Hanako1146号掲載/photo : MarikoTosa,Michi Murakami (tico,kujiraso,umimachidon) text :NamiHotehama・photo :Shin-ichi Yokoyama (P.78~80), text : Chiho Ohsawa (P.78~80))

和の味を鮮度抜群の肉や魚料理で〈立呑み 8〉/大井町

大井町の人気和食ダイニング〈H〉が、店の隣に姉妹店をオープン。朝締めホルモンや、築地直送の魚介を用いた和テイストのメニューを用意する。

スタンディングでも疲れないようにと吟味を重ねて、テーブルの高さを105センチに。壁際に座れるスペースを作るさり気ない心遣いもうれしい。

ガツやコブクロ、センマイ、白レバー炙りが入った肉刺盛1,200円

レモン、ゆず、グレープフルーツなど柑橘を使った8 サワーや、日本各地のクラフトウイスキーともマリアージュ。

(Hanako1121号掲載:photo:Hajime Tomizawa, Motokazu Hara text:Maki Funabashi edit:Kei Sasaki)