©2016安倍夜郎・小学館/「続・深夜食堂」製作委員会

写真拡大

アジアでも大ブーム!「深夜食堂」の魅力とは?

食ドラマブームの先駆けとなり、アジア各国でも大旋風を巻き起こした、安倍夜郎の人気コミックのドラマ化「深夜食堂」。

【レシピ】「炊飯器」で超カンタン! クリスマスにもぴったりな“おもてなし料理”3選【肉料理編】

中国、韓国、台湾ではドラマがリメイクされたり、動画配信サービスNetflixで新作「深夜食堂-Tokyo Stories-」(全10話)が世界190か国でストリーミング配信されたりする中、現在、映画化第2弾『続・深夜食堂』も大ヒット上映中だ。

繁華街の路地裏で、深夜になると開店する小さな食堂「めしや」。

メニューは「豚汁定食」、ビール、酒、焼酎しかないが、「できるもんなら何でも作るよ」という腕自慢のマスターが、毎回おいしい料理を手掛けてくれる。

そんなめしやで、夜毎さまざまな人々が集まり、悲喜こもごもの人生ドラマが繰り広げられる。

メガホンをとったのは、ドラマシリーズや1作目の映画も手がけた松岡錠司監督。

めしやのマスターを演じる小林薫をはじめ、常連客役の松重豊やオダギリジョー、ゲスト役の佐藤浩市や池松壮亮など、豪華キャストの競演も見逃せない。

本作で、お題となる料理は「焼肉定食」「焼うどん」「豚汁定食」だが、特に注目すべきは、満を持して登場した「豚汁定食」のエピソードだ。

ゲストは大ベテラン女優の渡辺美佐子で、田舎から出てきた、人のいい老女・夕起子役をチャーミングに好演した。

ちなみに松岡錠司監督との仕事は今回5度目となった渡辺だが、本作に出演するまで『深夜食堂』のことは全く知らなかったそう。

しかし出演に当たりドラマや前作の映画を観て「こんなに面白くて、悲しくて切ないドラマがあったなんて」とその魅力を絶賛。

どうやら彼女が演じた夕起子はオレオレ詐欺に遭ったようだが、めしやを訪れたことで、マスターや常連客たちと交流を深め、マスター特製「豚汁定食」のおいしさに笑顔を見せる。

前作からレギュラー陣に加わった多部未華子との共演シーンは、まるで孫と祖母のような関係性で、見ているとほっこりした気分になれる。

鉄板メニュー「豚汁定食」のレシピをゲット!

「豚汁定食」といえば、めしやで唯一メニューに載っている、いわば看板メニューである。

映画でもドラマでも、冒頭でマスターが「豚汁」を作るシーンが登場するが、ここでまずつかみOKとなる。

おいしそうな湯気が立った「豚汁」はまさにめしやの鉄板メニューで、空腹時に見れば、いてもたってもいられなくなりそう。しかも渡辺美佐子の実に味わい深い演技が、より一層「豚汁」の旨味を引き立てている。

この「豚汁」をはじめ、ドラマ版からずっと劇中の料理を手掛けているのは、人気フードスタイリストの飯島奈美だ。

「深夜の食堂なのに、今回もガッツリと来るメニューばかり。世の中が“炭水化物抜き”とか“糖質ダイエット”言ってる時に、『本当に美味しいものは…』と描く松岡監督の意気込みを感じて嬉しくなりました」と語るように、飯島本人も心から楽しんで渾身の料理を手掛けたようだ。

空腹時に見ると、思わずお腹が鳴ってしまいそうな『続・深夜食堂』。

映画を観終わった後は、劇中に出てくるメニューが食べたくなるのは当然のことだろう。

劇中では「何を食うかじゃなくて、大事なのは誰と食うかだろう」という常連客のセリフも登場するが、その言葉通り、大切な誰かと一緒に、映画も食事も味わいたくなる1本だ。

食事を後に控えた映画デートにするもよし、または家に帰ってからほっこりと映画の料理を再現してみるもよし。今回は飯島奈美が手掛けた公式レシピが入手できたので、是非自分で腕を奮った後、めしやの客になりきって「豚汁定食」をいただいてみてはいかが?

豚汁定食のレシピ

◎材料

豚バラ肉(スライス)200g 大根1/4本 にんじん1/2本 しいたけ4個 ごぼう1/2本 里芋 3個 こんにゃく小1枚 豆腐1/2丁 油揚げ1枚 長ねぎ1/2本 だし汁1500cc ごま油大さじ1 味噌大さじ5〜6 しょうゆ小さじ1 みりん小さじ1

◎作り方

1.豚バラ肉を4僂猟垢気棒擇襦B膾、にんじんはいちょう切り、しいたけはスライス、ごぼうはささがき、里芋は一口大に切る。

2.こんにゃくを食べやすい大きさに手でちぎってアクを抜き、豆腐は水切りして食べやすい大きさにちぎる。

3.油揚げを横半分に切って、1冑に切る。長ねぎのうち、半分は1僂両口切りに、残りは薄い小口切りにする。

4.熱した鍋にごま油をひき、豚バラ肉を炒める。里芋と長ねぎ以外の野菜とこんにゃくを入れて炒める。

5.全体に油が回ったら、だし汁を加える。アクが出たらすくい、味噌の半量を加えてフタをして、10〜15分煮る。

6.野菜が柔らかくなったら、里芋、長ねぎ(1僂両口切り)、豆腐を加えて約10分煮る。

7.残りの味噌、みりん、しょうゆを加え、沸騰する直前に火を止める。

8.お椀に盛りつけ、長ねぎ(薄い小口切り)をのせる。

9.ご飯と漬物を添える。